5月27日の「なんしょん?」“街ネタ”コーナー。

この日は「百人一首の日」ということで、

岡山県の百人一首ゆかりの地に行ってみました!

やって来たのは倉敷市向山の小町トンネル!

そう、実は倉敷市には百人一首の詠み手の一人・小野小町伝説が

各地に残っているんです!

ちなみに小町トンネルの近くには、

小野小町が自分の姿を映していたとされる“姿見の井戸”もありますよ!

さて、そんな小町トンネル近くでご紹介したのが、

「和カフェ錦庭」!

副店長の長谷川さんいわく、

こちらには世界一の庭園があるそう。

早速、案内して頂くと・・・

落ち着いた店内の奥に見えました!

2013年に世界一に輝いた、とにかく美しい庭園です!

緑に囲まれた空間で耳を澄ませば、聞こえてくる水の音・・・

確かに!世界一の庭園というのも納得です!

そんな庭園を眺めながら食べられるランチもおススメ!

約1000円~2000円で彩り鮮やかな絶品メニューが楽しめますよ!

世界一の庭園と美味しいランチを食べながら、一首詠んでみるのも良いかも・・・

皆さんも是非、行ってみて下さいね!