先月末に倉敷市の大原美術館で開かれた朗読会

「大原美術館とあなたが紡ぐ物語

         ~小川洋子がいざなう朗読会Ⅳ~」

今回も多くの方にお越し頂き本当にありがとうございました。

 

普段ニュースで「いかに端的に伝えるか」を目指している私にとって

朗読作品となる絵画をモチーフにした短編文はどの作品も奥が深く、

先輩方と何度も議論を交わし、解釈するために膨大な時間をかけました。

 

その解釈が、正解かわかりませんが自分なりの答えを出し臨んだ本番。

 

やはり、あの舞台に慣れはありません。

 

汗をかきながら読みましたが

終了後、作者の方からも声をかけて頂き

頭の中で描いていた答えに近づけたのではと感じています。

 

OHK全てのアナウンサーが参加しましたが

各アナウンサーにとっても本番までの道のりは様々な物語があったと思います。

 

その努力の結晶を1人でも多くの方にお届けしたいと

6月8日午後5時から特別番組として放送します。

是非、ご覧ください!!

 

また今回も、聴覚障害者の方にも朗読会を楽しんで頂きました。

内容は手話通訳を通じてですが、

終了後、お話を伺ったら、

「会場内で共鳴する声の振動が全身に伝わり朗読の世界観がより伝わった」と

手話で答えて下さったのは

「手話が語る福祉」を担当する私としては何よりも嬉しかったです。