瀬戸内の島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」

3月20日から春・夏・秋の3シーズンにわたって繰り広げられます。

CIMG7299

「島へ渡るのは大変…」

いえいえ、そんなこと言わずに ぜひ、船旅を体験してみてください。

日本初の国立公園に指定され、“世界の宝石”とも称される瀬戸内海。

昔から交通の要衝として栄え

「“海”は分断するものではなく、つなぐもの」という意識も。

潮風にふかれて多島美を楽しんだ先には、芸術作品が待っています。

瀬戸芸2

現在、お得な前売り券を販売中です。

・作品鑑賞パスポート(当日券より1000円お得!)

・フェリー乗り放題 3日間乗船券

瀬戸内国際芸術祭は、国内はもちろん海外から来る人も多いビッグイベントです。

お得に楽しめるチャンス ぜひご活用ください。

パスポート、フェリー前売り券

 

海で世界とつながっています。

ちょっと領土問題について考えてみませんか?

2月7日は「北方領土の日」です。

1855年(江戸時代ですね)2月7日に「日露通通好条約」が結ばれたのが理由です。

「択捉(えとろふ)・国後(くなしり)・色丹(しこたん)・歯舞(はぼまい)」

この4島の名前、北海道出身の私は幼い頃からインプットされていました。

20160207北方領土

なんと! 香川県でも北方領土に関する交流が行われています。

その報告会が2月20日 高松市で開催されるそうです。

2月7日(日)午後5時25分~放送の「サン讃かがわ+」で紹介します。