10月4日サン讃かがわ…移植医療・精神保健福祉大会

お仕事

もしも自分が脳死になったら、臓器提供しますか?

身近な人が臓器移植が必要になったら、どうしますか?

 

10月は骨髄バンクと臓器移植 普及の推進月間です。

移植医療では、提供するかどうか個人の意思が尊重されます。

運転免許証や保険証の裏面で、意思表示できます。

10月31日まで、高松シンボルタワーでは

移植医療のシンボルカラー 緑色でライトアップします。

ぜひこの機会に、移植について考えてみてください。

 

10月16日 香川県の三木町文化交流プラザで

香川県 精神保健福祉大会が開かれます。

心の健康に関心をもってもらおうと

毎年開かれていて今年で47回目。

専門家による基調講演に加え、

体験発表や合唱などが披露されます。

出演者の皆さんは大会での発表を楽しみに

何カ月も前から練習しているそうです。

入場は無料です。

10月4日のサン讃かがわで詳しくお伝えします。

どうぞご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

9月27日のサン讃かがわPLUS…「夢を奏でる 東山魁夷とメルヘン」他

お仕事

香川県坂出市

瀬戸大橋の四国側のすぐ近くにあるのが

東山魁夷せとうち美術館です。

魁夷の祖父は香川県 櫃石島(ひついしじま)出身。

美術館からも櫃石島が見えます。

 

東山魁夷 生誕110年を記念した特別展が開催中。

テーマは「夢を奏でる 東山魁夷とメルヘン」です

魁夷といえば、緑青と群青が印象深い作品をイメージしがちですが

今回はメルヘンあふれるカラフルな作品が多いのに驚きます。

日本の子供に海外の暮らしを伝える挿絵はユーモアもたっぷり!

国際学校の外国人たちの中に、さりげなく日本の子供が描かれていました(^-^)

「コンコルド広場の椅子」は魁夷の詩画集です。

全作品がそろうのは珍しいこと。

画はもちろんのこと、詩の言葉にも胸を打つものがあり

時間をかけてじっくり魁夷の世界に浸りたくなります。

魁夷が若い頃の作品も多く展示されています。

下半分はカラフルで躍動感あふれる場面なのに

上半分は後年の魁夷を代表するような、荘厳な感じがする作品もありました。

留学先から親にあてた手紙にササっと描かれた海外の景色…

万年筆のようなもので描かれた簡単な線なのに

どうしても目が離せず、その場にずっと立ち尽くして眺めていました。

9月27日のサン讃かがわPLUSで詳しくお伝えします。

他、かがわ国際フェスタの話題もお届けします。

どうぞご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

さち子の季節旅「岡山県美咲町」 9月13日 なんしょん?です

未分類

皆様に手紙をしたためています。

「拝啓 視聴者の皆様

ようやく暑さもしのぎやすい季節になりました…」

「今、私は岡山県 美咲町に来ています」

「日本の棚田100選」にも選ばれている絶景が広がります。

今回はものすごいアングルでご紹介します。

スタッフ全員が驚いた絶景です。

ぜひ、皆様にもご覧いただきたいです。

「さち子の季節旅」9月13日(木)のなんしょん? でお伝えします。

グルメ情報も満載です。どうぞご覧ください。