8月2日のサン讃かがわ+は…「かがわジュニア・フィル定期演奏会」など

お仕事

かがわジュニア・フィルハーモニック・オーケストラの定期演奏家が

8月26日に高松市のレクザムホールで開かれます。

練習にお邪魔してみると…

「エキサイティングな小さな音を出してください」

「弦楽器の皆さんは管弦楽と違うところから音を出してください」

指揮者から複雑な指示がたくさん出ていました。

すごい世界です。

若手団員のお話も興味深い内容がいっぱいです。

皆さん、本当に小さな頃から努力してきたんですね。

今回の定期演奏会では

チャイコフスキーの「祝典序曲1812年」と

ラヴェルの「ボレロ」を披露します。

8月2日の「サン讃かがわ+」で詳しくお伝えします。

他、瀬戸大橋開通30周年の話題も併せて紹介します。

どうぞご覧ください。

 

7月26日のサン讃かがわ+は…「省エネ・節電」&「環境学習会」

お仕事

香川県地球温暖化防止活動推進センター

「せとecoかがわ」です。

入口にご注目ください。

クールシェア実施中なので入ってみましょう。

クーラーがきいて涼しいお部屋

地球環境について学べるパンフレットや本がたくさんありました。

クールシェアスポットに登録している文化施設や商業施設で過ごせば

家庭の消費電力の削減につながります。

家庭で簡単にできる省エネ節電も専門家が診断してくれます。

すぐにできる項目もたくさんあって驚きました。

「実践したら〇%の省エネ」とその場ですぐに数値が出ます。

次々にリクエストして聞いてみましたが、とても面白かったです。

「ごはんを全部食べる(残飯を出さないってことですよね)」

「計画的な買い物」

なるほど~ これもエコにつながりますね。

気づかされることがたくさんあります。

今年は特に猛暑が続いています。

涼しく省エネする方法、考えてみませんか。

 

こちらも環境に深い関りがあります。

みんなが注目しているのは…

ウミゴミラ です。

「瀬戸内海の海底に住みついた

海ごみを食べて生きる謎の生物」とされています。

お手元にご注目ください。

空き瓶を活用した工作です。

スノードーム(雪が降っているように見える置物)ならぬ

サマードームです。

瓶を上下にすると中のビーズが海中の泡のように広がり

とっても涼し気な置物です。

廃品で作ったとは思えないクオリティです。

「かがわ未来へつなぐ環境学習会」が

8月5日にサンメッセ香川(高松市)で開催されます。

このような工作体験のほか、

昆虫観察、丸太切り体験、ワクワク水素教室(水素エネルギー学習)

などなど、すごそうな体験がいっぱいあります。

7月26日(木)のサン讃かがわ+で詳しくお伝えします。

どうぞご覧ください。

 

 

 

 

7月19日のサン讃かがわ+…「家庭教育啓発月間」

お仕事

香川県出身のシンガーソングライター
mimikaさんです。

早寝・早起き・朝ごはん
この生活習慣は子供にも大人にも大切ですよね。

香川県では7月と8月を「家庭教育啓発月間」として
家族で生活習慣について考えてもらおうと呼びかけています。
中学生には啓発用チラシを。

小学生以下には毎日シールを貼りながら
生活習慣をチェックできるシートを。

「休みの日はゆっくり寝ていたい!」と大人も思ってしまいますが、
平日の睡眠を補おうと寝すぎるのもよくないそうです。
確かに「寝すぎた翌日の勤務が辛い…」という経験、私は多々あります。

夏休み、家族みんなで生活習慣を見直してみませんか。
7月19日の「サン讃かがわ+」でお伝えします。
他、香川オリーブガイナーズの話題もあります。
どうぞご覧ください。

7月12日のサン讃かがわ+「漆芸研究所オープンキャンパス」など

未分類

香川県 漆芸(しつげい)研究所です。

香川県庁のすぐ近くにあります。

「蒟醤(きんま)」

「存清(ぞんせい)」

「彫漆(ちょうしつ)」

これらの技法を継承するための後継者を育てるのが

香川県漆芸研究所です。

「漆」といえば黒や朱色のイメージが強いのでは?

実は香川県は色鮮やかな美しい漆の技がすごいのです。

今回、お邪魔したのは「蒟醤(きんま)」の教室。

人間国宝がじきじきに指導なさっていました。

そんな香川県漆芸研究所のオープンキャンパスが

7月23日と8月22日に開催されます。

実習の見学、研究生の作品展示、

そして彫り体験もできるんです。

漆を「彫る」

とても新鮮な体験です。

初心者でもとても丁寧に教えてもらえます。

色漆(いろうるし)を何層にも重ねた板。

表面は朱色ですが、彫刻刀で彫ると

深さによって様々な色が出てきます。

少し彫ると紫が

更に彫ると黄色が

更に更に彫ると藍色が

彫っている間は無心。

時が経つのも忘れます。

一番深いところは白色でした。

ミリ単位のこまやかな作業…

この要領で美しい絵柄を作り上げていくんですね。

香川県漆芸研究所オープンキャンパス

7月12日のサン讃かがわでお伝えします。

どうぞご覧ください。