4月3日のサン讃かがわ+…サンカちゃん初登場

未分類

サン讃かがわPLUSロゴ

今年で3年目に入ります「サン讃かがわ+」

新しい仲間(?)が入ります。

DSC_0248

「耳より情報」のコーナーをご存知でしょうか?

久保がお伝えするときは「さちこの耳より情報」

渡邊アナのときは「大ちゃんの耳より情報」

とタイトルコールをしていたのですが、

4月からは久保でもなく、渡邊でもなく、

「サンカちゃん」がお伝えします。

サンカちゃんC、オリーブンB

「サン讃かがわ」の一部から名前をとって「サンカ」ちゃん。

「みんなで香川県の取り組みに“参加”していこうね」

というアツい気持ちがあるそうです。

姿かたちから考えると、好きなものは讃岐うどんとオリーブかな?

4月3日(日)午後5時25分~の放送で、サンカちゃん初登場です。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

3月23日の「みんなのふるさと」中継 

未分類

明るく華やかな色合いの着物です。

若い女性が似合いそうな・・・

DSC_0217

「???」と思う方も多いでしょうが、

「どこかで見ている顔」という方も多いのではないでしょうか。

OHKの報道現場の顔、篠田吉央アナウンサーです。

DSC_0218

実はこれも立派な仕事。

3月23日(あさってですね)に

夕方ニュースの全国中継「みんなのふるさと」を岡山から行います。

その準備をしていたところなんです。

DSC_0219

「これは困ったぞ・・・」の表情

 

DSC_0223

「そうだ!ひらめいた」の表情

 

篠田アナの名誉のためにも、お殿様姿を。

DSC_0211

岡山藩の名君とうたわれた池田光政を演じます。

 

DSC_0212

画像チェックも入念に。

中継を担当する女性記者は(普段は記者活動バリバリです)

今回初めて全国中継のディレクターを務めます。

DSC_0220

岡山が育んだ、あの郷土の味についてお伝えします。

この2人からどんな中継が生まれるのか?

私は直接は関係ありませんが、

はたから見ていて 凄く面白そうな取材でした。

3月23日(水)午後5時20分頃から全国中継です。

 

 

 

 

 

 

 

3月19日の「ワンダフルたかまつ」 瀬戸内国際芸術祭②

お仕事

3月20日から始まる第3回「瀬戸内国際芸術祭」

一足早く見どころの一部を、

3月19日放送の「ワンダフルたかまつ」でお届けします。

DSC_0186

高松港は、海を通じて各会場をつなぐマザーポート。

「高松港」「女木島(めぎじま)」「男木島(おぎじま)」を結ぶ

フェリー「めおん2」に乗って移動です。

(2があるということは、初代めおんもあります。芸術祭ではフル稼働とか)

DSC_0178

前回、女木島をご紹介したので、

今回は男木島です。

港に着いた瞬間から、不思議な光景に出会えます。

DSC_0179

浜辺にピアノ?

DSC_0177

カモメがやけに美しく整列していると思ったら、オブジェ!

過去の芸術祭の作品がそのまま残っていたのでした。

芸術祭の会場は広いので、全部を見尽くすのは大変です。

前回の芸術祭では、取材ではあちこちの会場に行きましたが、

見たい作品をかなり見そびれていました。

ここで出会えてかなり嬉しいです♪

DSC_0183

港で待っていてくれたのが、このネコちゃん。

カメラを向けるとフリーズして固まり、

シャッターを切り終わると、自由に行動します。

「変なネコだなぁ」と思っていたのですが…

DSC_0184

もしかして、カメラに撮られていることがわかっている?

プロのモデルさんのような、あうんの呼吸で

こちらのシャッターチャンスに応えてくれるのです。

ワンダフルたかまつ⑤

男木島には本当にたくさんのネコちゃんがいました。

男木島は坂が多い路地裏迷路のような町並みが続きます。

高松市職員の佐々木さんの案内で回っていると

突然、カラフルな壁画が出現!

これも芸術祭の作品です。

 

ワンダフルたかまつ⑦

散策中にガイドブック「めぐるーと高松」を配っている人がいました。

表紙などのイラストを担当した平尾さんです(写真真ん中)。

ワンダフルたかまつ⑥

「プロのイラストレーターさんかな?」と思っていたら実は高松市職員でした。

すごいぞ!高松市。

改めて人材豊富な高松市に驚きです。

DSC_0213

瀬戸内国際芸術祭 全エリアの地図や見どころ、

フェリー・バスといった交通機関の値段や時刻表などなど

知りたい便利な情報が満載です。

さらに、芸術祭以外のアート情報も盛りだくさん。

DSC_0214

高松市中心部の菊池寛(きくちかん)通りに等身大の5体の銅像があります。

初めて見たときは「何だろう?」と不思議に思っていましたが、

このガイドブックを見て謎が解けました(スッキリ!)

このガイドブック「めぐるーと高松」があれば

より深く芸術祭と周辺アートが楽しめそうです。

P1010161 - コピー

瀬戸内国際芸術祭2016~アートでにぎわう高松~を

「ワンダフルたかまつ」の番組でお伝えします。

放送は3月19日 午後1時~です。

どうぞご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月19日の「ワンダフルたかまつ」 瀬戸内国際芸術祭①

お仕事

3年に1度開催される「瀬戸内国際芸術祭」

間もなく3月20日に開幕します。

「ワンダフルたかまつ」では一足早く、見どころを紹介します。

DSC_0117

ヨーロッパ・アジアをはじめ世界中から人が集う瀬戸内国際芸術祭。

香川と岡山の瀬戸内海に浮かぶ12の島などで

春・夏・秋の3シーズンにわたって繰り広げられます。

過去2回の芸術祭も取材してきましたが、国際色が豊かなすごいイベントです。

それら会場の島々を結ぶマザーポートが高松港。

ということで高松港周辺にも芸術作品が展示されています。

ワンダフルたかまつ①

ジュリアン・オピーさんの作品が、道端にさりげなく展示されていました。

高松市で産出する高級石、庵治石(あじいし)で作られています。

「こんな近くに寄っていいのかな?」とドキドキ。

以前、この近くに住んでいたのですが、

いつもの風景が、このシーズンはかなり違って見えます。

DSC_0164

せっかくなので、高松港から近場の島へ行ってみました。

案内してくれたのは高松市 文化芸術振興課の佐々木さんです。

佐々木さんの明るいキャラクターに、2人ともノリノリです♪

ワンダフルたかまつ④

到着した女木島(めぎじま)は、鬼が島とも呼ばれ、桃太郎伝説があるところです。

「どんな昔話の世界が…?」と思っていたら

現れるのはオールド・ニューヨークの世界です。

高松市生まれでニューヨークで活躍する

依田洋一朗さんの作品が展示されます。

ワンダフルたかまつ②

ちょうど外観のデッサンをしているところをお邪魔しました。

依田さんと私が同じ歳ということがわかり、フレンドリーな雰囲気になりましたが…

ワンダフルたかまつ③

この建物の中がすごいことになっています!!!

皆さま、是非、建物の中もご覧ください。

少なくとも撮影スタッフは全員驚きました。

DSC_0184

このあとは隣の男木島(おぎじま)へ渡りました。

このネコちゃんがすごかったので、続きを第2弾でお伝えします。

「ワンダフルたかまつ」の放送は3月19日(土)午後1時~です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出張朗読会 岡山市立七区小学校を『みんなの広場』で放送♪

お仕事

OHKアナウンサーの小学校出張朗読会

今年度の最後は岡山市立 七区小学校です。

DSC02162

篠田アナ、矢野アナ、さらにカメラマンも入りました。

篠田アナとおそろいのピンクジャケットは

夕方放送の「みんなのニュース」後半のコーナー

『みんなの広場』で着用しているものです。

DSC02176

まずは篠田アナが教える発声練習。

5年生児童が全員この体制に・・・

腹式呼吸を体感してもらおうと横になってもらいました。

DSC02178

私もアナウンサーになる前、

こうやって下宿先で寝転んで腹式呼吸を練習しました(^_^;)

特に女性は普段は胸式で呼吸していることが多いので

腹式を体感するのは難しいです。

DSC02187

「腹式呼吸はそう簡単にはできないぞ・・・」

と思っていたのですが、

練習後、みんなの発声が変わっていました!!!

これには本当に驚きました。

七区小学校のみんな、ホントにすごいです。

 

DSC02213

アナウンサーも負けていられません。

声を出す楽しさをお届けしようと、朗読を披露です。

046003001

OHKアナウンサーの創作昔話『その後の桃太郎』

DSC02216

登場人物(?)がたくさんいるので、一人で何役にも挑戦です。

篠田アナ… 桃太郎・青鬼など

矢野アナ… 鬼の娘など

久保アナ… 赤鬼・イヌ・サル・キジなど

それぞれの服装が、配役を意識しているのわかりますか?

篠田アナは桃太郎の桃色

矢野アナは清楚な娘のイメージで白

久保は緑色でキジを、赤スカーフで赤鬼をイメージしました。

046003002

「桃太郎に攻め込まれ、宝を持ち去られた鬼たちはどんな思いかな?」

という疑問から作りました。

物語がイメージしやすいように、絵のデッサンは私がしました。

OHKのCG担当さんに色をつけてもらい、かなり良い雰囲気になったと思っています♪

046003013046003031

物語を考えたのは去年の夏ごろ、

ちょうど宗教や民族間の争いが連日のようにニュースで大きく取り上げられていた時期です。

それぞれの立場から見る“正義”について考えてみようと思いました。

DSC02191

「小学生には難しいかも・・・」と

はじめは不安だったのですが、

みんな真剣に聞いてくれて・・・

DSC02239DSC02237

インタビューで答えてくれたコメントに

私たちの方が勉強になり感動しました。

DSC02248

朗読会の様子を『みんなの広場』のコーナーで

3月17日(木)、18日(金)の2日間にわたって放送します。

「みんなのニュース」は午後4時50分~で

『みんなの広場』は天気予報のあと 午後6時45分頃~です。

どうぞご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月20日の「サン讃かがわ+」…香川県職員・警察官の採用試験

お仕事

就職活動が始まっています。

香川県でも2016年度の香川県職員・警察官の採用試験が動きだしています。

香川県民 約98万人を支える誇り高い仕事。

私の親兄弟が公務員なので(私は民間企業のOHKに就職しましたが…)

公務員には格別な思いと尊敬の念を抱いています。

DSC_0150

大学卒業程度、高校卒業程度、試験会場…

受験資格や試験日程など、必ず試験案内でご確認ください。

3月20日(日)の「サン讃かがわ+」(午後5時25分~)で

概要をお伝えします。

他、渡邊アナから「新幹線」「世界自閉症啓発デー」などの話題もお届けします。

どうぞご覧ください。

 

 

 

3月13日(日)の「サン讃かがわ+」は … 家族でCAMP

お仕事

穏やかな気候の瀬戸内地方。

3月に入りだいぶ暖かくなってきました。

北海道出身の久保としては「3月に雪がない」ことが今でも新鮮です。

DSC_0117

これだけ天気が良いと、外でウキウキ遊びたくなってきます。

香川県 高松市にある「五色台(ごしきだい)少年自然センター」は

キャンプが楽しめる人気スポットです。

DSC_0124

「でも、キャンプってなんだか難しそう…」

テントの張り方は?

野外炊事はどうやってするの?

そんな疑問に応えてくれる「家族でCAMP」が

4月末のゴールデンウィークに開催されます

キャンプ⑤

今回は初心者向けということで、

専門スタッフの皆さんがキャンプデビューを全力でサポート♪

やっぱり、キャンプで食べるカレーは最高ですね!!!

DSC_0121

こんな大きな「ドームテント」というものもあります。

家族みんなでゆったりと過ごせそうです。

キャンプ②

自然の中で思いきり遊んで!

スナッグゴルフ、ネイチャークラフト、星空観察★

あまりの楽しさにインドア派の私も

「キャンプしたい!」と熱望です。

キャンプ④

家族でCAMP !(^^)!

詳しい内容や応募方法など

3月13日「サン讃かがわ+」(午後5時25分~)で紹介します。

 

 

 

 

 

3月6日の「サン讃かがわ+」 は・・・『家族で体育』が最終回

お仕事

1本の木から紅梅と白梅が花をつけています。

DSC_0130

珍しい光景が広がるこの場所は、

香川県さぬき市にある長尾総合運動公園です。

DSC_4941

この日の取材は『家族で体育』

香川県運動推進協会の阿部純也さんとパターゴルフに挑戦です。

DSC_4914

「家族で体育」といえば体力系の結構ハードな取材が多いのですが

今回は体育というよりゲーム感覚♪

DSC_4916

「これのどこが体育なんだろう?」という疑問をよそに、

阿部さんと本気プレー。

ボールをわざと障害物や壁に当てて、跳ね返りの角度も考えて打ちます。

ゴルフとビリヤードを同時にしている感じでした。

DSC_0135

全部で18ホールあるので、気が付くと結構な運動量に。

パターゴルフのコツや楽しみ方、

このプレーがどんな運動になっているのか、

今回も弁舌さわやかに、阿部さんのわかりやすい解説がいっぱいです。

DSC_0137

ここで衝撃の発表が…

「阿部さん、次回もお願いします!」と取材後に挨拶したところ

「これがラストなんです」という返事が。

実は『家族で体育』はこれが最終回だったのです。

DSC_4909

スポーツを愛し、その楽しさを伝えてくれる阿部さん。

最終回の『家族で体育』は

3月6日(日)の「サン讃かがわ+」(午後5時25分~)でお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月6日の「サン讃かがわ+」 香川県漆芸研究所の修了展

未分類

艶やかでうるわしい工芸品の数々。

香川漆器の作品です。

DSC_0140

漆器といえば石川県の輪島などが有名ですが、

香川県もかなり凄いです。

漆器の分野では香川県から人間国宝が続出!!!

まさに香川のお家芸なのです。

DSC_0144

香川漆器は繊細で細やかで まさに芸術作品。

その技術を伝え後継者を育成するのが香川県漆芸研究所です。

地元の香川はもちろん、全国各地から香川漆芸の技術を学びに訪れます。

DSC_0148

こちらの作品のテーマは「粘菌(ねんきん)」

細菌の世界を表現したものでしょうか。

摩訶不思議な、でも自然の力強さと神秘性に引き込まれそうです。

修了展③

 

こちらは自然の草花がテーマです。

DSC_0145

漆芸の技術はもちろん、自然を見つめるデッサン力も見事です。

取材を忘れ見惚れてしまいました。

DSC_0147修了展②

ここで3年間学んだ研究生たちの修了展が

3月8日~13日まで開催されます。

修了展①

漆と向き合い、技と感性を磨き続けた3年間の集大成。

未来の香川漆芸の姿がここにあります。

3月6日(日)放送の「サン讃かがわ+」(午後5時25分~)で

詳しくお伝えします。