8月2日の「サン讃かがわ+」 シーカヤックで体育!

お仕事

DSC_1871

『サン讃かがわ+』で今年度から始まったコーナーに「家族で体育!」があります。

「次回の取材はシーカヤックです」と言われたときは 「? ? ?」

シーカヤックってレジャーのイメージですが…

 

DSC_1877

青い海と空が最高に美しい瀬戸内海!

小豆島ふるさと村にやってきました。

まずはオールの使い方からレクチャーです。

腕だけでなく、足で踏ん張って体重移動しながら漕ぐと良いそうです。

DSC_1890

シーカヤックは むか~し、取材で乗ったことがあります。

そのときは快適でとっても楽しかったのですが、この歳でも大丈夫かな…

体力の衰えが気になるところです。

DSC_1904

あれれ…

意外とスイスイいけちゃいます。

腕はもちろん、足や腰の筋肉を使いながら効率よく漕ぐと

どこまでも行ける気がしてきました。

DSC_1902

レジャーでもありますが、まさに全身運動のシーカヤック。

オールの使い方ひとつで、前進・後進・横移動・方向転換・スピード調整などなど

すべての方向へ移動可能なのにも驚きました。

水の動きを計算した力学の勉強にもなり、理論をリアルに実体験できるのも感動です。

全身を使って家族で学べる、まさに「家族で体育!」です。

DSC_1856

水面と同じ目線で大海原を自由自在に動けるシーカヤック。

夏休みおすすめの「家族で体育!」を

8月2日の『サン讃かがわ+』でお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月2日の「サン讃かがわ+」  世界陸上の北欧チーム

未分類

DSC_0014

世界陸上が8月22日から中国の北京で開催されます。

ということで、ここ香川県丸亀市に注目です。

DSC_0012

香川県立丸亀競技場で

デンマークとスウェーデンの選手が事前合宿をするのです。

デンマークは私が唯一行ったことのある外国です(福祉関係の取材でした)。

確かに気温や湿度など、アジアとはだいぶ気候が違います。

中国での大会に向けて、ここで最終調整を行うんですね。

DSC_0025

実は過去にも、北欧の選手は香川県に合宿に訪れています。

有名選手のサインなどが競技場内の廊下にたくさんありました。

すごい!

そんな驚きの一瞬、変顔です…

DSC_0007

こちらはリポート前の緊張の一瞬です。

選手の合宿期間中は、練習の様子を間近に見ることができるそうです。

北欧の選手はフレンドリーな方が多いとか。

合宿は8月13日から。

詳しくは8月2日(日)「サン讃かがわ+」でお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンダフルたかまつ ~ものっそ楽しめるイベントが待ってます

お仕事

DSC0191

2カ月に1回の放送です。

香川県高松市の取り組みをお伝えする「ワンダフルたかまつ」

今回のゲストは高松市 観光交流課の山田 佳恋(かれん)さんです。

DSC01972jpg

高松駅で合流した テレビ初出演という佳恋さん。

可憐な雰囲気にスタッフ一同 ポーッとなっていました。

初めはとても緊張なさっていましたが、

だんだんノリノリに変わっていくのも見どころです。

DSC0197jpg

「こちらは高松城跡 玉藻(たまも)公園。

国の重要文化財などがたくさんあります」

さすが観光交流課、説明もお手の物。

DSC0173

桜の馬場と言われているエリアです。

春はお花見客でにぎわう高松の花見スポット。

この季節にくるのは初めてですが、緑がすがすがしく気持ち良い!(^^)!

なんと、ここに、夏休み限定の動物園ができるそうです。

DSC0197

所長も合流して園内を散策。

「お城跡に動物園ですか?」

と驚いていたら、それだけじゃなかった…

8月22日には石垣の隣にある天守台で映画も上映!!!

片岡愛之助さま主演 「築城せよ」です。

DSC0197

お城でお城の映画とは、高松市もなかなかやる~♪

「高松市  頑張りました!」

佳恋さんの笑顔が印象的です。

 

DSC0192

ものすごく雰囲気が変わりましたが、

先ほどの高松駅&玉藻公園とは目と鼻の先

サンポート高松のアート広場というところです。

DSC0193

ここからはTシャツに着替えてお伝えします。

サンポート高松は、私が以前住んでいた場所のすぐ近く。

爽やかな潮風に吹かれ、一時は早朝ランニングもしていました。

(3日も続きませんでしたが…)

「県庁所在地にこんな綺麗なロケーションが広がっているのはすごい」

と県外から来た人がよく言います。

DSC01983

花火とお城の絵が印象的なオシャレなTシャツ。

花火が上下対象になっているの、わかりますか?

上は実際にあがる花火

下は海面に映る花火だそうです。

DSC0198

サンポート高松の、空の、このへんに、8月13日

1万2000発の花火があがるんです。

1万発超えは四国最大級!

今年で50回目の「さぬき高松まつり」を記念して

盛大な花火大会が繰り広げられるんです。

DSC0197

高松駅周辺にギュッと詰まった夏限定の盛りだくさんイベント。

特に今年は

★さぬき高松まつり50回目

★玉藻公園 開園60周年

ということで、

高松市の力の入れようは スゴイです。

今年の夏は高松市を見逃すともったいない!!!

 

7月18日(土) 午後1時~放送

「ワンダフルたかまつ ~たかまつの夏がアツい!~」でお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月12日の「サン讃かがわ+」  機械の目 体験学習

お仕事

DSC_4775

「夏休みは機械の目で見てみよう!」

この機械を通すと、なんだかすごいものが見えるらしいです。

DSC_4772

「一体、これは何でしょうか?」

「これからのシーズンに増える、あれですね」

機械を通すことで、自然現象を間近に見ることができるんです。

DSC_4779

7月12日(日)の「サン讃かがわ+」は夏休みシーズンを前に

機械の目で見る不思議な(?)世界をご紹介します。

今回は渡邊アナとの合同リポートです。

午後5時25分からの放送です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月5日の「サン讃かがわ+」 アドベンチャー in 五色台

お仕事

DSC_4750

「隊長、前方に不審物 発見!」

「よし!探索だー」

DSC01953jpg

香川県にある「五色台(ごしきだい)少年自然センター」です。

名前の通り、自然いっぱいのアドベンチャーワールドですが、

梅雨の時期ということで室内での取材です。

DSC_4754

「カプラ」という積み木遊びですが、

遊べるほどの心の余裕はありません。

DSC_4756

これだけたくさんの積み木を重ねるには

仲間との協力がなければできません。

キャンプで出合った友と助け合い、

心も体も成長することでしょう!

DSC_4762

あああーっ 一体何が起きたのでしょうか

緊張の一瞬…

 

DSC05DSC02

積み木遊びのほか、ろうそく作りも体験できます。

色のついた熱したろうをプラスチック容器などに入れて(写真左)、冷やすだけ(写真右)。

少し流しいれては冷やし、流しいれては冷やし、を繰り返すと

150705_103018

グラデーション豊かなオンリーワンろうそくが完成します。

 

DSC01

晴れでも雨でも、キャンプの楽しみ方はいっぱいあります。

ただいま「アドベンチャー in 五色台」の参加者募集。

7月5日「サン讃かがわ+」 午後5時25分~で詳しくご紹介します。

 

 

 

 

 

7月5日のサン讃かがわ+ 漆芸体験教室

お仕事

DSC_4815DSC_4790

高松市にある「香川県漆芸研究所」です。

香川県庁のすぐ近くで交通の便もよく、しょっちゅう取材でお邪魔しています。

展示室には若手漆芸作家や人間国宝の作品が並ぶことも…

じっくりのんびり漆芸の素晴らしさを堪能できる穴場的スポットです!(^^)!

DSC_4792

香川を代表する漆芸技法で代表的なのが以下の3つ。

「蒟醤(きんま)」「存清(ぞんせい)」「彫漆(ちょうしつ)」

まず、漢字が読めませんでした…(読めたらかなり尊敬されます)

香川漆芸は江戸時代からの歴史があり、香川県から人間国宝が続出しています。

讃岐うどんのイメージが強い香川県ですが、漆芸も香川を代表するお家芸!なのです。

DSC_4804DSC_4806

漆芸の1つ「彫漆(ちょうしつ)」を体験中です。

色漆(いろうるし)を塗り重ねた板を彫り、図柄をだしていく技法です。

漆に鉱物を混ぜると、鮮やかな赤・黄色など、麗しく華麗な色が無限にできます。

1回に塗る漆の厚さはミクロン単位。

「1ミリは もう“厚い”です」という世界…

そんな漆の層を彫る作業は、相当、かなり、ものすごく、神経と集中力が要されます。

DSC_4809

今回はお花の柄に挑戦!

葉っぱと茎は浅く彫って白い漆を見せ、

花びらは深めに彫って紺色を出しました。

花の真ん中は光輝く黄色が出るまで、相当深く彫りました。

CIMG4457DSC_4812

左の写真は1年前に彫った作品、“漆の渦”と命名しました。

白・黄色・黒・朱色など、下から様々な色漆が見えるのがわかりますか?

右は今年の作品、“漆のはな”

「今年はお花柄が彫れて、1年前より成長したわ…」と自己満足。

DSC_4808

漆の世界の奥深さと面白さを堪能できる「漆芸体験教室」が夏休みシーズンに開催されます。

去年の子供の作品には、びっくりするぐらい高度なデザインもありました。

くわしくは「サン讃かがわ+」7月5日(日) 午後5時25分~でご紹介します。

 

 

 

 

 

 

7月5日の「サン讃かがわ+」 今はオシャレに“クールシェア”

お仕事

初めてクーラーを使ったときは感動しました。

「なんて冷たい風が人工的に作られるのだろう…」と

大学生になって故郷の北海道から京都へ出て一人暮らしを始めたときです。

DSC0939

しばらくして届いた電気代の請求に驚愕!!!

「クーラーってこんなに電気 使うんだーーー」

ということで、非裕福な(いわゆる貧乏学生)としては

大学でクーラーがきいている涼しい部屋を見つけて過ごしていました。

おかげで、わりと勉強した学生時代だったかも…(?)

DSC0946

今はオシャレに「クールシェア」と言うそうです。

クールシェアは電気代の節約になるのはもちろん、

いろいろと有意義な時間も過ごせるのも魅力です。

DSC0936

香川県では省エネ節電対策に力を入れています。

お得なプレゼント情報も一緒に

7月5日(日)「サン讃かがわ+」でお伝えします。

 

150619_100022

◆おまけ

クールシェアの取材現場で「こころの健康展」が開催されていました。

以前、「サン讃かがわ+」(6月7日放送)で紹介したのですが、

取材したときより作品数が増えていて、とっても素敵な展示会でした。

こちらのキャラクターは「きーもん」。

香川県のゲートキーパー推進キャラです。