これまでに経験したことないような雨・・

堤防の決壊による大規模な浸水被害・・

西日本豪雨から約1か月以上が経ちました。被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

 

OHKでは“がんばろう岡山”を合言葉に被災地の復興に向けて取材を続け、

復興への兆しや直面する問題などをお伝えしていきます。

また、西日本豪雨の被害にあった方々の支援のため、救援募金を受け付けています。

募金は岡山県を通じて被災者に送られます。

詳しくはOHKのホームページをご確認ください。

皆様のご協力をどうぞお願い致します。

 さて、

8/16()OHKプライムニュースの特集コーナーでは、

私が取材した「堤防の防災対策にほころび」をお伝えします。

西日本豪雨では、岡山市東区で砂川の堤防が決壊し、

倉敷市真備町に次ぐ浸水規模となりました。

時間の経過とともに堤防決壊のメカニズムが分かってきた一方で、

堤防の安全性を前提にした防災対策にもほころびが生じています。

午後6時半頃の特集コーナーです。ぜひご覧ください。