先週はファジアーノ岡山で10年間プレーし、

今シーズンからFC岐阜にいる竹田忠嗣選手と再会しました。

 

そして…今回再会したのが、

2009年から15年まで7年間在籍していたディフェンダー、植田龍仁朗選手。

ロアッソ熊本の一員として岡山に帰ってきました。

 

試合終了後、ミックスゾーンでインタビューの準備をしていると、

衝立の向こうに一際大きな人影が…!

身長188センチの”ミスタードラゴンヘッド”植田選手でした。

残念ながらこの日試合には出場しませんでしたが、話すことが出来ました。

 

ファジアーノ時代の植田選手で記憶に残るのは、

やはり2011年、ギネス級の”58mヘディングゴール”です。

OHKでは当時「スポーツスピリッツ」でスタジオ出演してもらい、

ヘディング回数でギネスに挑戦してもらったりしました。

さずがは関西人!というノリで盛り上げてくれました。

 

過酷なリハビリを経て、ケガから復帰した2015年には、

その高さを生かし、慣れないフォワードでも起用されました。

当時練習場で「どんなポジションでも与えられた所でプレーしますよ」と

語っていた姿が印象に残っています。

 

とにかく人懐っこい選手で、

今回も顔見知りのスタッフに自ら声を掛けて回っていたそうです。

私にも熊本の事や自らの近況などを話してくれました。

本当に愛される人柄です。

植田選手、これからも応援しています!

 

 

さて、そのファジアーノ岡山対ロアッソ熊本もお伝えしました

4月30日のプライムニュース月曜スポーツコーナーです。

ファジアーノ岡山は3試合ぶりの勝利を挙げましたねー

ゴールデンウィークの連戦で連勝を!!

衣装協力はビッグアメリカンショップさんです。