男鹿半島の中央部、深い山の中にある

「男鹿真山(しんざん)伝承館」は

なまはげについて学べる学習講座を開いています。

ここで、本物のなまはげに出会えるのです!

 

 

DSC_1222

 

 4月から11月にかけては毎日30分間隔という

ハイペースでこの「講座」が開かれています。

高鳴る胸の鼓動を抑えつつ入館すると、

スタッフの皆さんがニコニコしながら

「楽〜な気持ちで聞いていって下さいね〜」とか

「緊張しないでいいですからね〜」などと

やたら念を押すので、かえって緊張感と期待感が

高まっていきます。 見事なホスピタリティーです。

 

 入館したのが平日の午後2時半からの回とあって

お客さんは夫婦と思しきおじいちゃんおばあちゃんと、

若いカップルと、私の合わせて5人だけ。

 まずは女性スタッフがなまはげの風習について

柔らかい秋田弁で説明して下さるのですが、

この後、ここになまはげが登場して暴れ回るのだと思うと、

女性がまるで稲川淳二さんに見えてくるから不思議です。

 

 

DSC_1220

 

 冬場、仕事や勉強をせずに囲炉裏端で怠けてばかりいると

手に「なもみ」という低温ヤケドのような痕ができ、

それを刃物で剥ぎ取りに来ることから

「なもみ剥ぎ」がなまって「なまはげ」になった・・・、

といった説明の後、女性と交代で高齢の男性が入ってきます。

この方(下の写真左)がこの家の主人役で、

なまはげの「実演」がスタートします。

 

 なまはげは勝手に家の中に入ってくるのではなく、

まず「先立(さきだち)」という役目の人(下の写真右)が

家の主人の許可を受けてから入って来るのだそうです。

勝手に上り込んで傍若無人に振る舞うイメージだったのに、

マネージャー的存在がいる上、「入室許可制」とは。

 

 

DSC_1203

 

 家の主人がなまはげの入室を許可し、

「先立」が合図をした瞬間、扉の向こうから

「うぉぉぉぉう!!! うぉぉぉぉぉぉう!!!」という

野太〜い叫び声と、扉をドンドンドンドンッ!!!と叩く音、

床をダンダンダンッ!!!と踏み鳴らす音が聞こえてきて

勢いよく障子が開き、ついに2人のなまはげが乱入です。

 

 

DSC_1204

 

 後ろの若い女性は「キャッ!」と声を上げ、

隣のおばあちゃんはやや後ずさりしていました。

 

 男鹿のなまはげは四股を7回踏んだ後、

「怠け者はいねぇが〜っ!」などと叫びながら

部屋の中をグルグル回ります。

荒れ狂うなまはげに対し、主人は膳を振る舞って

丁重にもてなします。なまはげは四股を5回踏んで座ります。

 

 

DSC_1212

 

 この後、主人となまはげの「問答」が始まります。

なまはげは台帳を見ながらあれこれ因縁を付けては

その家の子供や嫁が「怠けている」と言い張ります。

主人の否定には耳も貸さず、3回四股を踏むと立ち上がり、

「嫁を出せ!」とか「子供はどごに隠れた!」とか

わめきちらしながら、また部屋中を歩き回るのです。

 

DSC_1214

 

 

 そして、「おメエがこの家の嫁がっ!?」などと

客を脅すのですが、いかんせん5人しかいないので

全員がターゲットになります。

後ろの若い女性は「違いますゥ」と震える声で否定し、

隣のおばあちゃんはゆっくりと首を横に振りました。

子供がいたら、泣きわめくまでイジるんだろうな。

 

 私の前にも来ましたが、

1人で見ている40歳のおじさんの対処に困ったのか、

顔を近付けて「うぉぉぉぉッ!!!」と叫ばれました。

迫られるとやはり大人でも怖かったです・・・。

 

 

DSC_1215

 

 なまはげは「来年もまた来るぞ!」と言い残し、

嵐のように立ち去りました。

5人しかいない客の間に安堵感が広がります。

 

ここまで感情を揺さぶられたアトラクションは初めてです。

 

 

DSC_1221

 

 なまはげが落としていったワラを持ち帰ると

病気にならないのだとか。

 

  これまで、なまはげについて漠然とした知識しか

持っていませんでしたが、この「伝承館」の講座と、

隣接する「なまはげ館」の見学によって

なまはげの知らなかった一面を知ることができました。

 彼らはそのルックスと行動こそひどいものの

子供の無病息災を祈って「七、五、三」と四股を踏むなど

本当はとても良いヤツなのです。

 

 でも、男鹿の人達は赤ん坊の頃から、毎年大晦日の夜には

すごい化け物が侵入してきて、模造刃物で脅されて、

泣きわめきながら過ごすわけですよね。

伝統行事とはいえ、その恐怖体験が

人格形成にどんな影響を及ぼしているのか、

ものすごく気になりました・・・。

 

 

 *伝承館となまはげ館の共通入館料(4〜11月)は、

  大人864円(税込)。