東大寺大仏殿。

大仏様にお目にかかるのは

小学校の修学旅行以来、

31年ぶり!2回目です。

同じ奈良公園の中にある

春日大社にも参拝しました。

この東大寺と春日大社を含む

奈良公園周辺には「奈良名物」であり

神の使いとも言われる鹿が住んでいて

観光客の相手をしてくれます。

秋はちょうど、オス鹿が求愛の

鳴き声を上げる季節で、あちらこちらから

「キョエェェェェェ~!」

「キュイィィィィィ~!」といった

内臓を切り裂くような(私にはそのように

感じられました)切ない鳴き声が

聞こえてくるのです。

百人一首の中にある

「奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の

 声聞く時ぞ 秋は悲しき」の

歌を思い出しました。

この奈良公園の入口に

何かの移動販売車が止まっているのを発見。

外国人旅行客で賑わっていたので、

メニューを書いた看板を見てみると、

なんと「鹿肉バーガー」でした。。。

え、この場所で?

鹿肉バーガー?

神様のお使いを?

噛みしめるごとにジワッと肉汁が出て

美味しかったです。

ジビエの鹿肉バーガー。

お店の方にお尋ねしたら、

普段は別の場所で販売しているとのこと。

たまたまスペースが空いたので

期間限定でその場所で営業していたそうです。

決して奈良公園の鹿を調理したものではなく、

どこかの山で害獣として駆除された鹿を

ジビエ料理にしたものです。

ただ、バーガーを食べている間も

悲鳴にも似た鹿の鳴き声が

絶えることはありませんでした。

秋は悲しき。。。