JR奈良駅の北西に、

平安時代以降何百年もの間、

ただのだだっ広~い農地だった場所があります。

実はその農地は、710年から70年余り日本の首都だった平城京の跡で、都が京都に移った後、

すぐにさびれたのだそうです。

『あをによし 奈良の都は 咲く花の

 にほうがごとく 今 盛りなり』と表現された

華やかな都としては余りにも切ない末路です。

 

 

この史跡の整備・保存が本格的に進められるようになったのはごく最近のことで、

天皇の即位など国家儀式や外国使節の歓迎行事が行われた

「第一次大極院殿」が復元されています。

路線バスを降りると200m程先に鮮やかな朱色の門が。めざしていた「第一次大極院殿」!

 

 

かと思いきや、それは都の玄関にあたる「朱雀門」の復元。

約132haに及ぶ国営平城宮跡歴史公園の入口に過ぎず、

その門を抜けると、

 

 

わあああああ。 これ、歩くの。。。?

広大なグラウンドのような空き地が広がり、

800m程先に何やら建築中の建物が・・・。

 

 

何かの建物を鉄骨で復元しているようです。

そのようやく後ろに見えるのが第一次大極院殿。

最寄りのバス停に停まるバスが1時間に1本なので、乗り逃さないように

競歩選手のようなフォームで急ぎます。

 

 

野原の真ん中に立つ、壮麗な建物。青空に朱色が映えます。

厳か&シュール!

古都の賑わいや往時の人々の営みに思いを馳せていたら

バス停で1時間待つことになってしまうため

帰りのバスの時間だけに思いを馳せながら、

競歩のフォームのまま中に入ります。

 

 

聖武天皇もこのような椅子に座られていたのでしょうか。

バスの時間に思いを馳せながら競歩選手のスピードで玉座の前を通り過ぎます。

再び広大なグラウンド?平城京跡を突っ切りバス停へ。何とか間に合いました。

バス停には先着のシニアの皆さんが。

 

 

予想通り、平日の昼下がりにも関わらず、バスの車内は大混雑。

う~ん、大半が広大な空き地状態の現在でさえ

大勢の観光客が訪れているのですから

もう少し運行本数を増やしても良いのでは?

 

 

 

 

 

今年は2泊3日で奈良に出掛けました。

時間のある時にご報告します♪