滋賀の旅では、様々なジャンルの

美味しい食べ物に出会いました。

出会ったというか、

わざわざ会いに行ったのですが。

 

近江牛の握り・・・。 トロ~ン。

あの食感を思い出す度に

苦しめられそうです。

長浜市にある老舗の

「住茂登(すみもと)」さんでは・・・、

去年、東京で開かれた魚料理のコンテスト、

「Fish-1グランプリ」で

見事グランプリを受賞した

「天然ビワマスの親子丼」を。

ビワマスは琵琶湖の固有種で、

今は個体数が減り、貴重なのだそうです。

まるでオレンジに輝く宝石のようです。

「鮒(ふな)ずし」も食してみました。

近江伝統の発酵食品。

辛めの日本酒やワインにピッタリかな。

味としては梅干しが一番近いと思いました。

         *個人の感想です。

同じ長浜市にある

「翼果楼(よかろう)」さんでは・・・、

湖北に伝わる家庭料理、

「サバそうめん」を頂きます。

サバにそうめん???

この地方には、農繁期を迎えると、

農家に嫁いだ娘に実家から

焼き鯖を送る風習があり、

それをそうめんと炊き合わせたのだとか。

焼き鯖の身はホロホロと柔らかく、

そうめんは喉越しが良く、

どちらもしっかりと甘辛い味がして

美味しかったです。

一方、こちらは湖西地方。

高島市の鮮魚店「よしうめ」さんの中の

「鰻彩堂(まんざいどう)」で

出会ったのは・・・、

全国ご当地バーガーグランプリにも

出品された「鰻バーガー」!です。

「バーガー」と言っても

ご覧のように秘伝のたれが染み込んだ

近江米コシヒカリのライスバーガーで

焼きおにぎりのようです。

そして、炭火焼うなぎときんぴら。

半分くらい食べたらダシ茶を注いで、

ひつまぶし風のお茶漬けに。

2種類の味と食感を楽しめるんです。

いろいろ考えられますなあ。

最後にご紹介するのは

近江八幡市に伝わる「赤こんにゃく」!

唐辛子が入っているわけではなく

鉄分が入っているから赤いのだそうです。

派手好きな織田信長が作らせたとか、

誕生の由来には諸説あり。

見た目はレバー、

あるいは串刺し状態ならアイスバー。

味はこんにゃくなのですが、

通常のこんにゃくと比べると

やや弾力が強いように感じました。

        *個人の感想です。

 

 

続く。