東日本大震災の発生から

あすでちょうど6年です。

震災や福島の原発事故を機に

多くの人が岡山に移住しました。

 

震災の翌年、2人の子供を連れて

東京から和気町に移住した

吉永由加里さんは

町の「定住促進アドバイザー」として

移住希望者の受け入れに尽力しています。

移住後の自らの経験や学んだこと、

感じたことを生かし、「移住者目線」で

地域と移住者とをつなぐ

重要な役割を担っています。

 

様々な価値観を持つ「移住者」と

様々な価値観を持つ「地域」。

うまくいくこともあれば

いかないこともあるでしょう。

ただ、本音を語り合う場や

互いの考え方を尊重する気持ち

(少なくとも相手の声に

耳を傾ける姿勢)は

地域をより元気にしていくために

必要なことではないかと思います。

 

人口減少が進む岡山では

今後ますます。

 

 

『東日本大震災から6年

 <移住者>と<地域>』は

『みんなのニュース』、

午後6時20分頃からの

特集コーナーでお伝えします。

ぜひご覧下さい。