「美味しいおかずになる

 ママカリをせめてあと1匹!」

未練がましく粘るも

帰らなければならない

時間になりました・・・。

 

「きょうは釣れんわ。

 2時間半で3匹。」という

釣具屋のおばちゃんの宣告通り

自力で釣ったママカリ3匹と

釣具屋にいた見知らぬ男性に

頂いた7匹を車に積んで

立ち去ろうとした時でした。

 

1匹の野良猫が

私の隣で投げ釣りをしていた

ベテラン釣り師の元に

近付きました。

私の狙いがママカリだと伝えると

嘲笑を浮かべた

(ように見えた)彼です。

見事なフィッシングスタイルで

『釣りごろつられごろ』の

テーマソングの鼻歌を歌いながら

スズキでも狙っていたのか。

カジキマグロ?

 

野良猫に気付いた彼は

クーラーボックスを開け、

小魚を取り出して

猫の方に放り投げました。

猫の前に落ちたのは

 

 

 

なかなか釣れなかった

私のターゲット、ママカリでした。

 

あ、やっぱり猫のエサなのね。