p1000697

 

今回の旅で印象に残った色、「赤」。

下関市にある赤間神宮の赤。

赤間神宮は源平合戦の折に

わずか8歳で海中に没した安徳天皇を

祀る神社です。

 

神社の造形から「龍宮城」が

想起されます。

 

p1000698

 

もう一つ印象深かった「赤」は、長門市にある

元乃隅稲成(もとのすみのいなり)神社の、

海へと連なるいくつもの鳥居。

 

p1000725

去年、アメリカのテレビ局CNNが発表した

「日本で最も美しい場所31」の一つに

選ばれた神社です。

空や海の「青」、鳥居を囲む「緑」との

コントラストが美しいスポットです。

 

鳥居のトンネルを歩いているだけで

何か御利益がありそうな・・・。

タイムスリップしそうな・・・。

 

p1000727

 

不思議な感覚に陥るスポットです。

 

p1000731

 

印象に残ったもう一つの色は「黄色」。

山口県の県道のガードレールは黄色なんです。

昭和38年の山口国体開催にあたり

何か特色のあるものをということで、

特産の「夏みかん色」にしたのだとか。

 

p1000704

 

県道だと、県の裁量で色を決められるんですね。

そんな発想ありませんでした。

夏みかんも良いけど、

フグじゃダメだったのかな?

黒から白へのグラデーションに

大小の水玉模様・・・。

 

 

岡山県もたとえばマスカットをイメージした

黄緑色にしてみてはどうでしょうか?

ピオーネなど紫ブドウ生産者の皆さんの

「紫にすべきだ」という意見との

調整が難航するのでしょうか・・・。

 

では、桃をイメージした

ピンクにしてみてはどうでしょうか?

あ、岡山は白桃だからクリーム色か。

う~ん、あまり目立たなさそうですね。

 

 

 

香川県は「うどん県」だから

「うどん色」で決まりですね!

 

 

 

 

 

白か。

 

 

p1000705

 

 

この黄色のガードレール、

塗装したばかりだと鮮やかな黄色なのですが、

中には歳月を感じさせるものもあり、

オーソドックスな白と比べ、

塗り替えにどのくらいの費用を要するのかが

気になるところです。