バスツアーで行く!「福岡の奥座敷」ミシュラン★★★旅館

出演番組やイベント等のお知らせ

















今月下旬から3月下旬にかけて、

中四国初登場!

ミシュランガイド3つ星の宿に宿泊する

1泊2日の超お得なバスツアーが開催されます!



そのお宿とは、福岡県宮若市の

静かな山間に佇む脇田温泉『楠水(なんすい)閣』。

まさに、福岡の奥座敷や~~!






























お城のような門をくぐり、

大部分が畳敷きの館内を案内され、

部屋の窓から見えたのが、清流と赤い橋。





















日が沈み、その赤い橋を渡って

男女合わせて10種類もあるという露天風呂へ。



「庄助の湯」では枡酒を1杯飲むことが出来ます!

お酒を飲める露天風呂なんて最高~!

たま~らん~~わ。


























ツアーでは、

学問の神様、菅原道真公をお祭りする

太宰府天満宮を訪れます。





















私は長女の高校受験合格をお祈りしました。

試験は間近。父親に出来るのは神頼みだけです。




お知り合いやご家族、ご親戚に

受験生がいらっしゃる方には

特にオススメのツアーですよ!


















ロケの途中、本殿近くの紅梅が開花したんです!

20分前に同じ場所を通った時には

つぼみだったのに。   「ウメ、サク」。

こんなに縁起の良いことがありましょうか。





ツアー開催期間中の前半なら

境内の観梅も楽しめそうですね♪




















大正時代から炭鉱で働く人たちの娯楽施設として

賑わった劇場も訪れます。 

歴史を感じられる舞台装置を見学することができ、

「へ~!」「なるほど~!」の連続でした。
















なんと、ツアー客には

花道を歩いている時にスポットライトを

当ててくれるサービスが!



団十郎っぽく見得を切ってみたのですが、

びっくりして腰を抜かす人にしか見えませんね。


























少し前にドラマで吉田鋼太郎さんが演じた

「筑豊の炭鉱王」のモデル、伊東伝右衛門の

豪勢な旧宅です。

伝右衛門に嫁ぎ、その後、年下の新聞記者と

恋に落ちた「大正三美人」の一人で歌人の

柳原白蓮が過ごした家でもあります。



















ここで発見したのが

なんと、20畳のスペースに700体以上が

飾られた座敷雛!

5人がかりで丸2日かけて設置したのだとか。

豪華絢爛、圧巻のスケールです。

ぜひ至近距離で見てほし~い!


(「いいづか雛のまつり」の期間、

 2月1日~3月24日のみの展示です)





















銘菓「ひよ子」を作っている工場の見学にも!

冬季限定のあまおうイチゴを使ったひよ子

(甘酸っぱ~い香りと味!)やサブレなど

様々な種類のお菓子が販売されていますよ。

お土産を選ぶのにも悩みますね~~



















とにかく食べて飲んで露天風呂に入って

魅力たっぷりのいろんなスポットを巡り

福岡の春を満喫できるバスツアーです。















価格はこれで、なんとぉ!



2万4800円~~~!!!!!!!
!!!!!
!!!!
!!!
!!
!



お宿と交通費だけでもこれくらいはしそうですが、

いろいろ付いてこの価格。

さらにバスツアーなので、

のんびり座ったままで目的地へ。

お酒も飲めますしね~!

すぐに定員でいっぱいになってしまうのでは!?



お問い合わせ・予約は・・・


下電観光バス FOPツアー予約センター

086-225-1234  まで




















そして、このツアーの詳細を
25日(土)正午から放送の

『なんしょん?』でご紹介します。

何卒ご覧下さい!







LET’s 議会!

出演番組やイベント等のお知らせ














岡山市南区豊成にある市立温水プール。



小学生の頃は友達と遊ぶために、

中学・高校の頃は水泳の練習のために、

社会人になってからはダイエットのために、

何度か利用したことがあります。



ご存知の方も多いと思いますが、

このプールを温めるのに使われているのが

ゴミを燃やす際の熱です。

このプールの隣が岡南環境センターという

ゴミ処理施設なのです。



















主に旭川より西で回収された可燃ゴミを

焼却するための施設で、

1日に220トンもの可燃ゴミを処理できるんです。



取材でお邪魔したのは午前9時過ぎ。

収集を終えたパッカー車が列を作り、

8つある扉から次々にゴミを投入していきます。



















現在、岡山市だけでなく、お隣の久米南町、

玉野市の可燃ごみも処理できるよう、

新たな施設を設置する動きがあり、去年8月、

岡南環境センターの敷地が候補地となりました。

今後はどういう施設にするか

具体的な内容が決まっていきます。





去年の年末に開かれた11月定例岡山市議会では

この他にも放課後児童クラブや産業・観光振興など

幅広い分野で論戦が繰り広げられました。



















『岡山市議会TV GIKAI-STYLE

 ~令和元年11月定例市議会を終えて~』は



今月25日(土)午後1時半からと

当日深夜の1時40分から放送します。



何卒ご覧下さい!





報道キャスターの頃は

議会を傍聴することが多かったのですが、

(それにしても険しい一瞬を捉えたな、
 
 この写真。)



















最近ではこの番組のロケの時くらいしか

議会の傍聴に行けません。



市議会では私達の生活に関わる

地元の身近な問題が取り上げられますし、

けっこう白熱して見応えがあるので

本当はもっと見に行きたいのですが。

皆さん、議会の傍聴に出かけましょう♪



LET’s 議会~!!



重宝する「スダチ氷」

日常の出来事

庭の片隅に植えているスダチが、

昨秋、何百個もの実を付けました!



「生(な)り年」だったのでしょうか。

植えて10年以上経ち、私の背丈ほどありますが、

ここまで大量の収穫は初めてです。






















間引きもせずほったらかしだったので

そんなに大きな実ではありませんが、

皮は薄いのに果汁がたっぷりで味は濃厚!




サンマやホッケに絞ってみたり

スダチ醤油を作ってみたり、

実家の両親、友人知人職場の同僚に

お裾分けしたりして喜ばれましたが、

それでも消費しきれません。  


このまま木で腐らせるのはもったいない。





















そこで、黄色く変色しつつあった

200個ほどを収穫して丁寧に洗い

半分にカットして果汁を絞り、

凍らせて保存しておくことにしました。



皮の色は黄色くなっていても

実はとてもフレッシュです。






















これを修行僧のようにひたすら無言で

ギューギュー絞り続けます。



右手親指と人差し指、中指の感覚が無くなり、

酸によって指紋が消えるのではないかと

心配になってきた頃に修行(作業)終了。


























1個から5~6cc前後の果汁が絞れるので

200個で1リットルと少し取れました。


製氷皿に流し込み、凍らせます。


















この「特製スダチ氷」をコップに1個入れて、

焼酎と炭酸水(あるいは水かお湯)を

注いで作る「自家製スダチ酎」を

こたつでチビチビやるのがマイブーム。




年末に、もはや黒ずみかけていた残りの200個を

収穫して絞り、さらに1リットル余りを製造。

しばらくは楽しめそうです。





















下世話な話ですが、

スーパーで売られているスダチの値段を参考に

計算してみたら、安めに見積もっても

この木1本から2万円・・・・・。






もっと植えようかな。






2020年はどんな年に

非日常の出来事













皆さん、あけましておめでとうございます!




けさは岡山市で今シーズン初めて

最低気温が氷点下となるなど

ずいぶん冷え込みましたね。

ただ空気は澄んでいて、

金色に輝く初日の出を拝めたという方も

多いのではないのでしょうか?



私は3年連続で元日のニュースを

担当させて頂くことになり、

今年も情報カメラに映った初日の出に

神妙な顔で手を合わせました。






















そして、今年も初詣の取材で

岡山市北区の最上稲荷へ。

大勢の参拝客で賑わっていましたよ。



「OH!まもり」の出張授与所もあります。





















さて皆さん、今年の目標はもう決められましたか?

私もつい先ほど決めたところですが、

業務上の具体的なものなので

ここでは伏せておきます。





あ、40センチを超えるマダイかチヌを釣る!

これはいたるところで宣言しています。

あと、胸板をもう少し厚くしたいものですね。





今年も故郷岡山香川の素晴らしさを

この地域に住む皆さんに一生懸命伝え、

故郷を好きになる人が1人でも増えるような

番組を作りたいと考えています。

どうぞよろしくお願いします。



2020年が皆さんにとって

素晴らしい1年になりますように!