岡山市北区新庄下にある造山(つくりやま)古墳。

5世紀の前半に築かれたものと推定され、

ドローンで撮影した画像を見ると

前方後円墳の形がハッキリ分かります。



規模としては全国4位ですが、

立ち入ることが出来る古墳としては

全国最大なんです!






駐車場脇に設置されている

クセの強い像に驚いた後、



























古墳上に足を踏み入れてみると・・・、

小高い丘の上を散歩しているかのよう。

幅1m程の小道があります。

下の写真は前方後円墳の「前方」部分から

「後円」方向を望む風景です。























下の写真は、「後円」上のカメラから

「前方」上でリポートする萩原を撮影した画像。



















古墳上からは吉備の沃野を見渡すことができます。

この地に眠るのは、この豊穣な吉備の地を治めた

有力な豪族なのでしょうか?

どんな人物だったのでしょうか? 趣味は?

ロマンが広がりますね。




















この造山古墳を含む、「桃太郎伝説」の

ストーリーが去年、日本遺産に認定されました。

立ち入れる古墳としては日本一、の造山古墳を

大勢の観光客に訪れてほしいものです。




というわけで、


















今月26日(土)午後4時半から放送の

『岡山市議会TV GIKAI STYLE』は

9月定例岡山市議会の内容をお伝えします。


















造山古墳の魅力をより多くの人に

知ってもらうための政策のほか、

今年、「世界かんがい遺産」に

選ばれた江戸時代の農業用水利施設、

倉安川吉井水門(岡山市東区吉井)に

関する話題など盛りだくさん。























岡山市議会の活動について

わかりやすくお伝えします!



どうぞ、ご覧下さい!