先週の『なんしょん?』で倉敷市の

「トラットリア自家製蕎麦 

 武野屋(たけのや)」さんを

ご紹介しました。

 

「トラットリア」はイタリア語で

「食堂」といったような意味。

去年10月オープンの新しいお店です。

 

 

岡山県北の蕎麦どころ

真庭市蒜山地区のそば粉を使っていて、

その日の気温や湿度に合わせて

粉や水の分量を細かく調整しながら

打っているそうです。

しかも、細麺・太麺・平麺と3種類を

料理によって使い分けています。

 

 

番組でご紹介した

「本ずわいがにのトマトクリーム

 ソースのおそば」は、平麺を使用。

本ずわいがにの爪のVサインが

美味しく仕上がったことを

示しているようです。

 

 

トマトソースとホウレンソウ、そば、

ほぐれた本ずわいがにの身・・・!

口に入れた瞬間、頭の中で

「フニクリ・フニクラ」と

「サンタ・ルチア」と

「ソーラン節」が同時に

奏でられているような感じに。

それぞれの味と香りが口の中で

融合します。

 

「お、合うね」

 

私の脳内にいる中尾彬さんもお墨付き。

しかも平麺の食感がモッチモチで

食べごたえ十分!

 

 

なにせ個性的かつ魅力的なそばが

17種類もあるので(ランチ時)、

注文時に迷って決まらないまま

ラストオーダーの時間を迎える客が

いるのではないかと思う程です。

 

 

 

太麺を使った「和牛お肉のおそば」など、

そばを食べ終わった後で

十八穀米にお出汁と薬味をかけて

お茶漬け風にすることで

2度楽しめるメニューもあります。

 

 

ロケが日中だったので

夜の詳細は定かではありませんが、

あの外観と中庭、内装なら

シャレオツ(お洒落)な雰囲気に

変化することはまず確実でしょう。

 

夜はお酒といっしょに楽しめる、

岡山の食材を中心に使った創作和食が

提供されるそうです。

 

次から次に地元の旬な食材が

登場したらどうだろう?と想像。

 

「粋だね」

 

 

私の脳内にいる・・・・・・、

 

<トラットリア自家製蕎麦 武野屋>

●倉敷市阿知3-18-18

(JR倉敷駅南口から徒歩6分)

●086-441-2983

●水曜定休

●ランチ 11:00~14:00(L.O)

 ディナー 17:00~22:00(L.O)