道端に捨てられたゴミ・・・。

なぜ平気で捨てることが

出来るのでしょうか?

 

057001002

 

心ない輩が捨てたゴミを

ボランティアで拾っている

人達がいます。

 

備前市の主婦は闘病生活の中で

友人たちに励まされ、

勇気付けられたのを機に

「社会に恩返しがしたい」と

1人でゴミ拾いを始めました。

10年経った今、仲間は40人に

増えています。

 

057001004

 

岡山市の男子高校生は、

困難な手術に積極的に挑み

患者の命を救っている医師の話に

感銘を受け、「高校生でも

社会の役に立つことを」と思い、

同級生とゴミ拾いを始めました。

 

同級生と5人で始めた活動ですが、

現在は中学生を含む15人に

増えています。

 

057001001

 

2人が代表を務めるグループが

利用しているのが

「ボランティア・ロード制度」です。

 

国道を清掃する際、

管理する国からは清掃用具の支給など、

地元自治体からは収集したゴミの

回収などの支援を受けられると

いうものです。

 

057001003

 

「国が税金で清掃すべき」とか

「ゴミを捨てさせない教育を」という

意見はその通りだと思いますが、

その上でなお、ボランティアの皆さんが

少しでも活動しやすい体制を

整えることは重要だと思います。

 

「社会の役に立ちたい」と思っても

なかなか行動には移せませんよね。

せめて、行動に移している人を

応援できる環境になれば良いと

思います。

 

2人の活動と

ボランティア・ロード制度については

きょう夕方の『みんなのニュース』で

お伝えします。

午後6時20分過ぎくらいです。

どうぞご覧下さい。