角島には灯台があります。

高さ約30メートル。

明治9(1876)年に点灯した

日本海側では初の大型灯台だそうです。

 

p1000712

 

この灯台は見学することができます。

大人200円、子供無料。

せっかくなので見学することにしましたが、

真下まで来るとそびえ立つ30メートルの

威容に圧倒されます。

東京スカイツリーの約21分の1なのに。

 

p1000720

 

展望スペースまで登る手段は

エレベーターでもエスカレーターでもなく

人がようやくすれ違える程度の幅の、

急ならせん階段です。

 

8月下旬の日中、首にかけたタオルで

汗をふきふきしながら上を目指します。

見学を終えて降りてくる人とすれ違い様、

「こんにちは」とか「お疲れ様です」と

あいさつを交わしますが、

大自然の中で登山者同士が交わすそれとは

異なる密接感と息苦しさを感じます。

 

 

p1000719

 

しかし、この苦行を終えると

感涙にむせぶ瞬間が訪れます。

登り切った勇者にだけ与えられる

ご褒美が、この絶景と吹き抜ける風です。

 

p1000715

 

この灯台から見下ろせるのが

「夢崎波の公園」です。せっかくなので

フラフラと散歩してみることに。

見えてきたのは「なぜこんな所に?」と

思わざるを得ない、石の門です。

 

p1000709

 

さらに、その門の先には木の扉が。

何の目的なのでしょう?

流行りの現代アートなのでしょうか?

一体、どんなメッセージが?

いろんな想像を掻き立てられます。

 

 

p1000710

 

扉の向こうは日本海が広がっていて、

その先は朝鮮半島なのですが・・・。

 

 

 

あ、もしかして?