きのうは午後からの出社だったので

午前中、庭に布団を干しに出て、

空を見上げてびっくりしました。

 

 澄み切った青空に幾筋もの飛行機雲が

浮かんでいたのです。

 

 一直線に伸びているものや

緩やかなカーブを描いているものが

それぞれ平行に走っていたり、交差していたり・・・。

生まれたてのものは濃くて細いライン。

時間が経ったものはぼんやりした薄いライン。

 

 まるで飛行機雲の見本市のようです。

青空をキャンバスにした壮大な芸術作品のようにも。

 

 こんなに一度に飛行機雲が見られる空は珍しいと思い

携帯電話のカメラで撮影したものの

青空だけを被写体にすると、うまく映りません。

建物の間に垣間見える空を撮りましたが、

一部分を切り取ったようになってしまい

スケール感が表現できないのが悔しいです・・・。

 

 

DSC_1392

 

 

 けさの地元紙にも写真が紹介されていました。

感動したのは私だけではなかったのですね。

気象条件によるものだと思いますが、

また見てみたいものです。