きのうはここ1年で最もヒマな日曜日でした。

 

 どのくらいヒマだったかというと、

お年玉付き年賀はがきの当選番号発表を待ち望んだ挙句、

発表直後に目を皿のようにしてチェックしたくらい。

発表があることすら忘れてしまう年も多い中で、

今年のチェックまでのスパンは過去40年間で最短です。

 

 今年は約180枚が届いていたのですが、

切手シートが1枚当たっていただけでした。

水割りを舐めながら「あ〜ぁ残念」と思っていたら、 あ。

 

 

 出さないまま余っていた何枚かのはがきの番号が

いずれも2等の当選番号「9648」にきわめて近い

「97●●」ばかり。

さらに、「転居先不明」で戻ってきた2枚を見ると・・・!

 

 

DSC_1393

 

 

 

 

 え。 お、近い。

 

 

 これで、我が家から出した年賀状の中に「9648」が

入っていることが確定したではありませんか!

2等と言えば、1万本に1本の確率です。

「ふるさと小包など」が当たります。

我が家からの年賀状でそれが当たる方がいるとは。。。

喜んで下さる方がいるとは。。。送ったこちらも

とても嬉しくほっこりした気持ちになります♪

 

 戻ってきた「転居先不明」の年賀状はいずれも

妻が旧友に出したものだったので、

2等当選の「ラッキーはがき」は妻の旧友のどなたかに

届いた可能性が高いです。もしこのブログをご覧頂いてたら

萩原家からの年賀状の番号をぜひ再確認して下さいね!

お好きな「ふるさと小包」をお楽しみ下さい!

そして、これからも末長いお付き合いを

よろしくお願いしま〜す!

 

 

 

 

 

 それにしても「ふるさと小包」かぁ、

 

 

 

 自分だったらどんな商品を選ぶかなぁ・・・・・。

 

 

 水割りを一気に飲み干した後、

「転居先不明」で帰ってきたのがもう1枚ないか

何度も慎重に確認し直しましたが、

発見できませんでした。

ロックで飲みました。

 

 

 

 それくらいヒマでした。