小5の長女は今年もバレエに夢中。

狭いリビングで四六時中、文字通り「所狭し」と

音楽に合わせて跳んだり跳ねたりしています。

 

 

 冬休みの宿題の書初めのテーマには

今年取り組む予定の演目名を選んでいました。

 

 

DSC_1382

 

 

 きのうも練習中の曲を繰り返し聞きながら

クルクル回転したり脚を上げたりして

真剣な表情で動きを確認していました。

私は少し離れたキッチンからその様子を眺めつつ、

スマートフォンのユーチューブで

森進一さんが歌う数種類の『襟裳岬』のサビの部分の

歌い方を聴き比べながら食器を洗っていました。

 

 バレエの曲が聞こえにくい位置にいたので、

私には、娘が森進一さんの熱唱に合わせて

踊っているようにしか見えません。

何度目かの「えぇえぇりいいぃいいぃものおおぉ」の時、

娘がフワ〜ッと優雅に宙を舞いました。 たまたま。

 

私は『襟裳岬』という新作バレエができれば良いのに、

と思いました。

 

 

 

 

『白鳥の湖』、『くるみ割り人形』、『襟裳岬』。

 

 

 

DSC_1383