人間の器

日常の出来事

 きのうはここ1年で最もヒマな日曜日でした。

 

 どのくらいヒマだったかというと、

お年玉付き年賀はがきの当選番号発表を待ち望んだ挙句、

発表直後に目を皿のようにしてチェックしたくらい。

発表があることすら忘れてしまう年も多い中で、

今年のチェックまでのスパンは過去40年間で最短です。

 

 今年は約180枚が届いていたのですが、

切手シートが1枚当たっていただけでした。

水割りを舐めながら「あ〜ぁ残念」と思っていたら、 あ。

 

 

 出さないまま余っていた何枚かのはがきの番号が

いずれも2等の当選番号「9648」にきわめて近い

「97●●」ばかり。

さらに、「転居先不明」で戻ってきた2枚を見ると・・・!

 

 

DSC_1393

 

 

 

 

 え。 お、近い。

 

 

 これで、我が家から出した年賀状の中に「9648」が

入っていることが確定したではありませんか!

2等と言えば、1万本に1本の確率です。

「ふるさと小包など」が当たります。

我が家からの年賀状でそれが当たる方がいるとは。。。

喜んで下さる方がいるとは。。。送ったこちらも

とても嬉しくほっこりした気持ちになります♪

 

 戻ってきた「転居先不明」の年賀状はいずれも

妻が旧友に出したものだったので、

2等当選の「ラッキーはがき」は妻の旧友のどなたかに

届いた可能性が高いです。もしこのブログをご覧頂いてたら

萩原家からの年賀状の番号をぜひ再確認して下さいね!

お好きな「ふるさと小包」をお楽しみ下さい!

そして、これからも末長いお付き合いを

よろしくお願いしま〜す!

 

 

 

 

 

 それにしても「ふるさと小包」かぁ、

 

 

 

 自分だったらどんな商品を選ぶかなぁ・・・・・。

 

 

 水割りを一気に飲み干した後、

「転居先不明」で帰ってきたのがもう1枚ないか

何度も慎重に確認し直しましたが、

発見できませんでした。

ロックで飲みました。

 

 

 

 それくらいヒマでした。

 

 

 

 

『襟裳岬』を・・・

日常の出来事

 

 小5の長女は今年もバレエに夢中。

狭いリビングで四六時中、文字通り「所狭し」と

音楽に合わせて跳んだり跳ねたりしています。

 

 

 冬休みの宿題の書初めのテーマには

今年取り組む予定の演目名を選んでいました。

 

 

DSC_1382

 

 

 きのうも練習中の曲を繰り返し聞きながら

クルクル回転したり脚を上げたりして

真剣な表情で動きを確認していました。

私は少し離れたキッチンからその様子を眺めつつ、

スマートフォンのユーチューブで

森進一さんが歌う数種類の『襟裳岬』のサビの部分の

歌い方を聴き比べながら食器を洗っていました。

 

 バレエの曲が聞こえにくい位置にいたので、

私には、娘が森進一さんの熱唱に合わせて

踊っているようにしか見えません。

何度目かの「えぇえぇりいいぃいいぃものおおぉ」の時、

娘がフワ〜ッと優雅に宙を舞いました。 たまたま。

 

私は『襟裳岬』という新作バレエができれば良いのに、

と思いました。

 

 

 

 

『白鳥の湖』、『くるみ割り人形』、『襟裳岬』。

 

 

 

DSC_1383

 

 

 

 

謹賀新年♪

日常の出来事

 皆様、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

 

 

 さて、去年までほとんど意識したことはありませんでしたが

今年、私は「本厄」です。

 1月1日の朝、家内の実家の大分で子供達や甥っ子達と

草野球をしていて、捕球の瞬間に足を滑らせ転倒。

後頭部をかなりの勢いで強打して、しばらく頭が

フラ〜っとした後に「本厄」だったことを思い出しました。

 

 

 その後も、買ったばかりのカーディガンの袖口の糸が

無茶苦茶ほつれたり、暴飲暴食で3キロ太っていたり、

仕事始めの日(きょう)に昼ご飯を食べる時間が無かったり、

霧が濃かったり、足を長時間組んでいてシビレてしまったり

(今)とあまり良いことがありません。

 

 

 厄年など気にしない方だと思っていましたが、

今年は何かあるのかも・・・・・!?

気にし過ぎないようにはしますが、

いろんなことにより注意深く生きて、乗り切る所存です。

 

 

 

 申年なので、長女(小5)が

ヒザ小僧で作ったサルをどうぞ。 <再掲>

 

 

 

DSC_1336