去年の三重に続き、今年は秋田を一人旅しました。

「秋田と言えば・・・?」 で一番早く思い付いたのが、

大晦日の伝統行事「なまはげ」です。

秋田県の北西部、日本海に突き出た男鹿半島では

1年を通してなまはげに出会える場所があると聞き、

「泣くコはいねえが〜っ!!」と脅してもらいたくて、

ワクワクしながらレンタカーを飛ばしました。

 

 

 国の重要無形民俗文化財に指定されているなまはげは

男鹿市にとって、観光客誘致のキラーコンテンツです。

市内のいたるところで巨大ななまはげ像や

なまはげに因んだものを発見することが出来ます。

たとえば、ある所で見つけた郵便ポストの色は

赤ではなく茶色にコーティングされていて、

なまはげの蓑をイメージしたものと推測されます。

 

DSC_1201

 

 その側面には、

 

DSC_1202

 

 アニメタッチのなまはげが。

 

そして、あたかも、なまはげそのものが

販売されているのかと思わせる看板があったりして、

 

 

DSC_1224

 

 立ち寄ってみると、きわめてオーソドックスな

農林水産物販売所だったりします。

お店のおばちゃん達や井戸端会議を楽しんでいた

地元のおじいさんもとても親切で

温かい秋田弁で商品を説明して下さり、

まったくなまはげには見えませんでした。

 

 

 

DSC_1223

 

 男鹿半島の先端の岬で見つけたのは「なまはげ御殿」。

 

 

DSC_1232

 

 荒くれ者のなまはげ達が海鮮丼を肴に

昔話「おむすびころりん」の鬼達のような感じで

酒盛りを楽しんでいるんだろうなぁ〜 と

警戒しながら中に入ったのですが、

ここは土産物店で、親切そうなおじさんが

こちらも温かい秋田弁で接客してくれました。

 

 

 写真には撮りませんでしたが、みんなニコニコ、

みんな親切、みんな柔らかい秋田弁・・・・。

 

 しかし、その笑顔に騙されてはいけません。

彼らは年に1度、大晦日の夜になると、

なまはげに豹変してしまうのです。

ドスの効いた秋田弁で子供達を恐怖の底に突き落とすのです。

いや、シーズンオフの観光客に対してさえ、

いつその本性をむき出しにするかわかりません・・・。

男鹿市民全員が、何かのスイッチが入った瞬間に

なまはげの姿に戻り、私に襲いかかってくるに

違いありません。

 

 

 そんなことを考え始めたら怖くなり、

何度も何度も後ろを振り返りながら

逃げるようにして土産物店を後にしました。