便利なトイレ

日常の出来事

 

 新築のイオンモール岡山内にある弊社のトイレは

とてもきれいで快適です。

オフィスのある6階とスタジオやメークルームのある5階に

一つずつありますが、私がよく利用するのは

メークルームに近く、比較的静かな5階のトイレです。

 

 単に新しいというだけではなく

このトイレには様々な機能が配備されています。

その一つが、「勝手に照明が消えるシステム」です。

電気の消し忘れを防ぐため、人がいなくなってしばらくすると

自動的に消灯するというものです。

 

 先日、急な用が出来て5階トイレの個室に駆け込み、

頭を垂れたまま目を閉じてうずくまっていたのですが、

しばらくすると頭上で「カチ。」という無機質な音がしました。

「さては屋根裏のイタチが舌打ちでもしたかっ!?」と思い

目を開けたらそこは暗闇・・・・・。

どうもトイレの中に人がいても、動かないままでいると

センサーが勝手に「人がいない」と判断して消灯するようなのです。

上半身を少し左に傾けてみると、すぐに「カチ。」と音がして

センサーが反応し、明るくなりました。

気を取り直し、再び用事を済ませようとうずくまって瞑想していたら

またしても「カチ。」と音がして真っ暗に。

 

 

 

え〜っ!?  また〜っ!?  面倒くさ〜っ!!

 

 

 結局、用事を済ませるまでの間に3回これを繰り返しました。

 

 僕は、そこにいると認識されていないのでしょうか?

センサーにとって、そこまで存在感が無いのでしょうか?

空気のような自分・・・・・。

 

 いや。これはセンサーの設定のスパンが

あまりにも短すぎるのではないか? と、

社内環境改善の必要性を感じて施設管理担当の上司に

涙声で直訴したところ、

動かないままでいると2分間で自動消灯する設定を

4分間に延長して下さいました。

これで2分に1回、不自然に上半身を揺らしたりすることなく

明るい光の下で用事に集中することが可能になりました。

 

 そして、もう一つの便利な機能は

「勝手に水が流れて便器を洗い流してくれるシステム」です。

ただ、こちらは2分に1回とか4分に1回とかいう

短いスパンではなくかなり長いスパンの設定で、

おそらく何十分に1回という感じでしょうか。

先日、初めてそのタイミングに遭遇しました。

 

 

 いつもの個室でうずくまって大切な用事を

済ませようとしたのですが、予想以上の長期戦に突入し、

なかなか使命を果たせないまま時間だけが過ぎていきました。

手詰まりとなり、天を仰いだ瞬間に突然、

 

 

ジャ〜ッ!!!

 

 

 と、大きな音がして、

心臓が口から飛び出しそうになるほどビックリ!

あまりにもビックリしすぎて、

その瞬間に用事が済んでしまったとさ。

 

 

 

 

飛び出したのは心臓ではありませんでした。

 

 

 

 

 

*写真は、早春の風物詩「芝焼き」を終えた

 日本三名園の一つ岡山後楽園。

 

 

DSC_0874

 

 

「なんじゃあ、こりゃあああ~っっ!!」 その2

日常の出来事

 

 「寒いから」というだけの理由で

冬が大っ嫌いな私ですが、

「カキとブリが食べられるから」というだけの理由で

かろうじて我慢しながら過ごせています。

 

 そのカキ。

週に2度は袋詰めのむき身を買って

ポン酢に浸けて食べている私に

先日、とある知人が極上のカキを下さいました。

どうやら兵庫県産のようですが、

一口食べて驚愕!

 

 

 

「なんじゃあ、

 こりゃあああ〜っっ!!」

 

 

 と、心の中で思いました。

 

 

 まず、学術的に何という名称の部位かは知りませんが、

あの「ヒダヒダの端っこのところ」が真っ黒・・・・!

今年はこのヒダヒダの色が薄くて茶色に近いものを

多く目にするような気がしますが、

何となく味が濃い証拠のように思えてきます・・・・。

 

 

 身はギュッと引き締まっていて

食感をオノマトペ(擬音)で表現しますと、

「プルンプルン」と言うよりは「ブリンブリン」。

口に放り込むと

「チョルンッ」と言うよりは「トゥリュリュンッ」。

 

 

 そして肝心の味は想像に違(たが)わず濃厚の極みで

わずか1個の中に通常のカキ数個分のエキスが

凝縮されているかのような、濃い味わいでした。

瞼を閉じて瀬戸内海のカキいかだを思いながら

幾度も幾度も噛みしめ、思わず、

 

 

「海のミルクや〜っっ!!」

 

 

 と、心の中で思いました。

 

 

 

DSC_0863

 

 

「なんじゃあ、こりゃあああ~っっ!!」  その1

日常の出来事

DSC_0858

 

 

 今月18日(水)放送のニュースの特集でご紹介した

井原市の『早雲蜜芋』。

井原市で古くから「びんつきいも」と呼ばれていた芋を

石材店を営む親子が栽培・販売しています。

 

 商品名の由来となった北条早雲は

関東地方で活躍した戦国武将のイメージが強いのですが、

近年の研究で、井原を出生地とする見方が強まっています。

 

 

DSC_0860

 

 特徴は何と言ってもその食感と甘さ!

2つに折ると「ポキッ」というより

「グニャリ」。

口の中に入れると「ホクホク」というより

「トロ〜リ」。

 

 

DSC_0861

 

 私は腹の血糊に気付いた松田優作さんのように、

 

 

 

「なんじゃあ、

 こりゃあああ〜っっ!!」

 

・・・と、思ったのでした。

 

 美味しさの秘密は手間暇かけた栽培と

この設備!

 

 

 

 

DSC_0869

 

 

 

「なんじゃあ、

 こりゃあああ〜っっ!!」

 

 北条早雲が築いた山城でも

ショッカーのアジトでもありません。

重さ3〜4トンの巨石約100個でガードされ

外気と遮断された貯蔵用の「室」です。

 

 年間通じて温度は13度前後、

湿度は100%近くと一定に保たれていて、

この中でデンプンがじっくりと糖に変わり、

甘味が増していくのだそうです。

そして、焼き芋にすると糖度40%に!(番組調べ)

まさに石材店だからこそなせる技。

県西部を中心に移動販売車も巡回していますので

ぜひ1度、召し上がってみて下さい。

 

季節の移ろいを感じる瞬間

日常の出来事

 立春を過ぎて暦の上ではもう春ですが、

1年のうちで最も寒い時期ですね。

早く暖かくならないかなぁ・・・。

こたつを背負って通勤出来たらなぁ・・・。

 

 

 頬に当たる風の香りや温度、

通勤途中で見かける樹木の様子の変化や

「ツクシが顔を出した」といったニュースに

季節の移ろいを感じることが多いのですが、

最近最も強く季節の移ろいを感じたのは、

仕事が終わって立ち寄るのが日課となっている

イオンモール1階のスーパーで立春の日(2月4日)から

ひなまつりのBGMが流れているのを聞いた時でした!

早っ!!

 

 

 前日まで節分ムード全開で

「鬼は外♪ 福は内♪」のBGMだったのに。

恵方巻きが積み上げられていたのに・・・。

 

 季節の移ろいとともに、切れ目の無い季節商戦の展開で

顧客の消費マインドをくすぐる流通業界の激戦の様相を

如実に感じ取ることが出来ました。

(やや大袈裟?)

これも商業施設の中にオフィスがあったればこそ。

 

 というか、ほぼ毎晩消費マインドを

くすぐられまくりで、値引き商品を購入すべく

1階のスーパーに入り浸っているからこそ。

 

 

 ん? ひなまつりより早い

バレンタインはどうするの?

 

 

 

 

 あ、 別の場所に特設コーナーが

あったんだった・・・。