三重県一人旅 ~その7~

非日常の出来事

DSC_0676

 

三重県一人旅、3日目の午前は鳥羽湾めぐりです。

鳥羽駅前のマリンターミナルを出航して

途中、イルカ島や真珠島・鳥羽水族館前に寄って戻ってくる

約50分間の船旅です。 大人1800円。

 

 就航している船舶は3種類あるそうで、たまたま私が乗船したのは

「龍宮城」という船でした。この船のデータを記しますと、

 

・総トン数・・・・・約199トン

・座席数・・・・・1F 71席 2F 66席

・定員・・・・・360人

・全長・・・・・34.4m

・速力・・・・・約11ノット

・主機関・・・・・910馬力

・就航・・・・・1996年10月

 

 だそうです。 

 

今、運航会社のホームページで知りました。

 

 この船、何と言っても特徴的なのはその装飾です。

龍宮城をイメージしているとあって、船内各所に物語をイメージした

立体装飾が施されています。

船首には快適な船旅へといざなってくれるに違いない、

頼もしげ~な黄金の浦島太郎像が。

 

 

DSC_0677

 

 天気は依然として良くありませんでしたが、

我々を率いてくれる浦島太郎氏のこのドヤ顔に偽りなし!

大小遠近の様々な島や穏やかな波を眺めながら進むクルーズは

ノンビリとしていて、とてもリラックス出来ます。

 

DSC_0684

 

 

 龍宮城をイメージした船内から海面をボーッと見つめていると、

海の中に吸い込まれていきそうな感覚に陥ります。

まるで自分が浦島太郎になってしまうような・・・・・。

タイやヒラメが舞い踊りで迎えてくれるんじゃなかろうか・・・・・。

ひょっとして、美しい乙姫様が・・・・・!? 

などと、いつものように妄想が暴走します。

 

 

DSC_0685

 

 平日の午前中とあって、もともと乗船客は少なかったのですが、

イルカやアシカと触れ合えるという「イルカ園」でほとんどの家族連れや

カップルが降りてしまったため、客は数えるほどになってしまいました。

 

 もしかして、この船内に乙姫様が・・・・・などと妄想を続けながら

オープンデッキに上がってみると、なんと!

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0680

 

 本当にいました! 

 

天を突くような巨大乙姫・・・・・。

 

しかし、私の妄想上の乙姫様とはちょっと、

いえ、かなり異なっていました。 無機質だし。

 

驚愕と落胆のあまり、私の顔は引きつり、一気にやつれてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_0679

 

 

 

 

 

DSC_0678

 

後ろから見ると、TVカメラの横でカンペを出すADさんの如し。

随分ベテランですが。

 

 

三重県一人旅 ~その6~

非日常の出来事

DSC_0675

 

 

 伊勢神宮内宮の周辺には様々な土産物店や飲食店が軒を連ねます。

軒先を見て回るだけでも楽しく、1軒1軒中に入ったとすると

何時間かかるかわかりません。

 

 私の必死の祈りが通じて天照大神様がお許し下さったのか、

単に雨雲が移動しただけなのかはわかりませんが

雨がかなり小降りになってきたので、楽しみにしていた食べ歩きを実行。

半日ではとても足りなかったので、翌日の午後も費やしました・・・。

 

 

DSC_0698

 

 

 1か月間続けてきたダイエットの成果を

わずか2日間で打ち砕く、食べ歩きの成果。

 

・さんまの刺身

・漁師汁

・てこね寿し

・焼き干物(試食)

・伊勢うどん

・松阪牛の牛丼

・焼きアワビ

・伊勢ひりょうず(がんもどき)

・赤福餅

・精肉専門店「豚捨」のコロッケ

・地酒

・地ビール

 

 

 食べては歩き、食べては歩き。 あああ、満腹満腹・・・・・。

 

「そちは欲望の塊かっ!罰を与えるのぢや。」

天照大神様が再びお怒りになったのか、

単に雨雲が移動してきただけなのかはわかりませんが、

再びポツポツと雨が私の頭を叩くのでした。

 

 

三重県一人旅 ~その5~

非日常の出来事

 

 雨の伊勢神宮内宮です。

 

 二見興玉神社に参拝した後、路線バスで到着しました。

下車した時に雨が小降りだったため、前日に購入したビニール傘を

バスの中に置き忘れるという大失態。

参拝前に土産物屋で新しいのを買っておけば良かったのですが、

「どうせもう降らないだろう♪」と、勝手に思い込んでいたら

本殿に近付くにつれ雨が勢いを増します・・・・・。

 

 

 「そちは浅はかな奴ぢゃ。」

天照大神様の怒りを買ったのかもしれません。

そんなキャラなのかどうか不明ですが。

あるいは二見興玉神社での禊(みそぎ)が足りなかったか・・・。

 「そちはまだまだ身も心もが穢(けが)れておるのぢゃ。」

歩みを進めるほどに強くなる雨が私の穢れを洗い流して下さいます。

己の業の深さを反省するとともに、感謝感謝なのでございます。

ありがたや、ありがたや。  

 

合掌・礼拝。

 

 

DSC_0673 

 

 

 写真でもお分かり頂けるように約9割の参拝客が傘を差しています。

天照大神様より「濡れ鼠の罰」を下された私は、ズブ濡れ。

式年遷宮を去年終えたばかりとあって

ご神前にはまだヒノキの香りが漂い、大変に厳かな空間です。

大勢の参拝客が神妙な面持ちで様々な祈りを捧げる中、

深く頭を垂れて私が強く祈ったのは、

家内安全でも世界平和でもなく

 

 

 

 

 

「早くこの雨が止みますようにぃっ!!!」

 

 

 

合掌・礼拝。

 

 

 

 

三重県一人旅 ~その4~

非日常の出来事

 

 

結局、降りしきる雨の中、20分程で巡り終えることが出来る

熊野市街地を縦横無尽に走ってレンタカーを返却し、

(「元を取らねば!」と思いムダに長く走ったものの、

よく考えたら給油満タンで返さなければならないので

本当にムダでした。)

夜は駅前の居酒屋のカウンターで地魚を味わい、

ビジネスホテルに1泊しました。

 

 

 翌日は来た道を逆戻りして伊勢方面に向かいます。

まず、古来、伊勢神宮に参拝する前に禊(みそぎ)を行う

場所だったという二見興玉神社へ。

この日も雨が降ったり止んだりだったので、

傘を差したり畳んだりしながら参拝しました。

 

 この神社には天孫ニニギノミコトが降臨する際、

道案内をされたという猿田彦大神が祭られています。

このため、交通安全や「善導の守護神」として

広く信仰されています。

 

 鳥居の向こうに見える大小2つの岩が「夫婦岩」。

5月から7月にかけての晴れた朝には岩の間から日の出を望むことができ、

冬至の前後の晴れた夜には、岩の間から満月が昇る様子も眺められます。

私がお邪魔したのはそのいずれからも大きく条件がかけ離れた

「9月の雨の昼」だったので、プレミアム感はありませんでしたが、

それでも辺りを包む厳かな空気の中で、身も心も清められる思いでした。

 

合掌。 礼拝。

 

 

 

DSC_0672

 

神社の入り口付近の手水舎(参拝前に手を清める場所)には

たくさんのカエルがいました。

よく見ると置物です。

なぜカエル?   と思って調べてみると、

猿田彦大神の御使いがカエルだったそうなのです。

 

 

 

DSC_0670

 

 

天孫ニニギノミコトが天から降臨される際に

邪悪を祓いながら道案内をされた猿田彦大神・・・。

どんなルックスだったのでしょう?

その傍らに神妙な面持ちのカエル・・・。 

具体的にどんなお役に立ったのでしょう?

 

 

神話の世界を想像すると、楽しい映像が浮かんできます。

 

 

三重県一人旅 ~その3~

非日常の出来事

 

 

 ますます強くなる雨の中、当初の目的だった熊野古道の散策は

もはや実現不可能と英断を下し、熊野市中心部に引き返すことにしました。

しかし、せっかく熊野郊外まで来たのに地鶏丼と露天風呂とジェット船だけで

(一つ一つは満足ですが)終わるのはもったいなさ過ぎます。

駅前でゲットした観光パンフを改めてチェックし、

帰り道で立ち寄れそうな観光スポットを検討してみると、

「お」 ありました! 

 

 

「丸山千枚田」・・・・・!

 

 

 「日本の棚田百選」にも選ばれている棚田です。

稲刈りを前に黄金色の稲穂が風になびいていることでしょう!

 

 

 

 ワイパー「強」のまま、クネクネした山道を走行。

電波なんか届くわけもない場所なので車内は無音。 いや。

 

涙のような雨が屋根を叩く音と私の歯ぎしりだけが響くのです。

 

 

 「丸山千枚田へ」という案内板を最後に目にしてから約15分後。

見えてきました! おぉっ!丸山千枚田!

 

 

 

DSC_0667

 

 

 見晴らしの良さそうな道端に車を停めて

「ああ、コンビニでビニール傘を買っときゃ良かった!」と

後悔の念も露わにダッシュで下車して写真をパチリ!

 

DSC_0668

 

 

 ああ、なんかきれいなんだろうけどっ・・・・・、

見ええええん・・・・・!

 

 

 古人の労苦が偲ばれるせっかくの眺望が、この視界不良です。

雨に煙り、田んぼが1000枚なのか300枚くらいなのかすらよく分かりません。

ズブ濡れになる前に車に乗り込み、丸山千枚田を後にしました。

 

 

三重県一人旅 ~その2~

非日常の出来事

 

 熊野地鶏の焼き鳥丼を頬張ってなお時間が余ったので

30分だけ温泉の露天風呂に浸かっていよいよ乗船場へ。

「瀞峡ウォータージェット」は「志古」という場所から

出航していますが、途中の「小川口」からも乗船できます。

屋根のない川原でミストのような霧雨を浴びながら待っていたら、

ウォータージェットが近付いてきました。

あ、思ったよりデカい!

 

 

DSC_0651

 

船内前方には乗員が2人と「志古」からの先客が3人。 以上。

平日なので他に旅行者もおらず、思ったより広い船内が

より広く感じられます。

「お邪魔します・・・」と小声でつぶやいて、真ん中辺りの席に

陣取りました。

 

DSC_0653

 

 

 出航するやいなやグングン加速。 おお、ジェット!

目の高さの少し下に水面が迫っているのでよりスピード感があります。

流れの速い川をグォングォンと音を立てながら遡るジェットの窓からは

真っ白な波頭が激しく踊りながらぶつかりあう様子を間近で眺められます。

迫力満点で爽快! おお、ジェット!

 

 

DSC_0654

 

 

 ユニークな形をした岩などビューポイントを通過する時は減速し、

乗員が船内アナウンスで見所を紹介してくれます。

前方の3人の旅行客はその都度「へぇ!」とか「すごいね!」などと

互いに感想を語り合い、感動を分かち合っている様子でしたが、

こちらは独りなので「ほぉ・・・」とか「うわ・・・」とかつぶやき

やや微笑む程度の表情で絶景をカメラに収めていました。

 

 

 20分程揺られていると、雨が小降りになりました。

すると、なんとゆっくりと屋根がオープン! おお、ジェット!

思わず「おぉぁ・・・」と、つぶやきも少し大きくなります。

 

 

DSC_0661

 

 

 紀伊山地の山懐で空を見上げ、湿り気を帯びた空気を

思いっきり吸い込みます。

 

 

DSC_0658

 

 エメラルドグリーンの清流、両側にそびえ立つ崖、

生命力を感じさせる木々の濃淡。 「ぅわぁ・・・」

 

 

 

DSC_0662

 

 

 さらにもう少し進むと、そこは三重・和歌山・奈良の県境・・・。

「瀞八丁(どろはっちょう)」と呼ばれる地域の川原で下船して、

15分程休憩です。

3人の旅行客は船旅の感想を語り合いながらくつろいでいらっしゃいます。

私は手持無沙汰だったのでブラブラと散歩。

「今、俺は三重と和歌山と奈良の県境にいるんだ・・・・! 

 ・・・なんでだろう!」 と思いながら、強く心に絶景を刻み込みました。

 

 

DSC_0663

 

 乗船した小川口で「ありがとうございましたぁ」とつぶやきながら

私だけ下船。約1時間、2260円の船旅でした。

いったん止んだ雨が再び勢いを増していて、

下船した瞬間に川原の濡れた石ころに足を滑らせ、

「おわっ!」と声を上げてしまいました。

 

この日、最大の声量でした。

 

 

またダラダラと長くなってしまいました。

続きは次回・・・・・。

 

三重県一人旅 ~その1~

非日常の出来事

 

2週間の長期休暇を頂いたので、

47都道府県の中で唯一足を踏み入れたことのない

「三重県」に一人旅・・・・・。

 

朝の6時に岡山駅を出発し、新幹線と在来線を乗り継いで5時間余り。

到着したのは三重県南部の熊野市駅です。

 

 

DSC_0647

 

 

さっそくレンタカーを借りて、目指すのは世界遺産の「熊野古道」。

 

どこか適当な登山口に車を止めて、蝉しぐれのシャワーを浴びながら

木漏れ日キラキラの山道を登り、大自然の中で大きく深呼吸して

辿った道と人生を静かに振り返る・・・・・という

勝手なイメージを思い描いていたのですが、

山奥に行けば行くほど雨が強くなっていきます。

 

このままでは雨のシャワーを浴びながら、ぬかるみドロドロの山道を登り、

大自然の中で大きくため息をついて

帰りの道を恨めし気に見下ろす・・・・・という

悲惨な現実に直面しそうです。 

で、けっこうな強い雨の山道を一人ドライブ。

 

 

熊野市街地から50分程西に走ると和歌山との県境。

切り立った崖の間を縫うように流れる清流、「瀞峡(どろきょう)」が見えてきます。

国の特別名勝に指定されている清流なのに「どろきょう」。

ここを遊覧できるウォータージェット船が運航されていて、乗ってみることにしました。

 

乗船まで時間があったので、すぐ近くの宿泊施設、

「入鹿温泉 ホテル瀞流(せいりゅう)荘」で

「熊野地鶏の焼き鳥丼(980円)」を頂きました。

 

 

DSC_0648

 

 

噛み応えのある地鶏がゴロゴロ。ちなみに熊野市では今、

地元の食材をメインにした丼を楽しめる「2014 熊野丼フェア」を開催中!

11店舗でオリジナル丼を楽しむことができ、対象店舗のスタンプを集めると

熊野の特産品や宿泊券が当たるスタンプラリーを開催中です。

ここも対象店舗の1つで、スタンプを押してもらいました。

あと3つ集めたら、宿泊券が当たるかも!

 

 

長くなったので、続きは次回・・・・・。