日常の出来事

人間万事塞翁が馬?

























原稿を読む練習の最中、つい手を滑らせて

青の水性ペンをパンツの上に

落としてしまいました・・・・・。



運悪く、ペン先からの落下で

運悪く、パンツは白。

運悪く、落下したのが股間付近です。



























ペンはミミズが這ったような爪痕を

2本残して床に転がりました。

爪痕がまるで泣き顔に見えてくるのが

私の心情を表しているかのようで

余計に腹が立ってきます。



3時間後にロケに出発するのに、

どうしよう・・・・・・。






















ティッシュを濡らして叩いてみたり

メイク落としで優しくぬぐってみたり

「落ちろ!」と念を送ってみたりしましたが



効果的にも精神的にも限界です。


























いわさきちひろ先生の水彩画を彷彿とさせる

にじみ具合にまではなったものの

それ以上は落ちないと判断し、

新しいズボンを買うことにしました。




















幸いなことに私のいるOHKのオフィスは

イオンモール岡山という大型商業施設の中にあり

ちょいとエスカレーターを降りれば

衣料品店は選び放題というありがたい環境です。

イオンモールへのオフィス移転という

英断を下した先代社長に感謝。





やや不自然な体勢にはなりますが、

手提げカバンを両手で持って局部を隠し

オフィスを出ようとしたところで

気が付きました・・・。


今日に限って、出勤の際に

妻に車で送ってもらっていたのですが、

財布を車の中に置き忘れていたのです。




















途方に暮れて天井を見上げていたら

たまたま近くにいたアナウンス部長が

「5千円貸すよ」と声を掛けてくれました。

困っている人を見捨てておけない

男気のある上司です。 助かります。

ありがとうございます!



























ただ、こういう時にほぼ必ず

「1時間につき500円の利子ね」などと

楽しそうに言うタイプの方です。




多分、ジョークだろうと思います。


























欲しかった色の欲しかった素材の

パンツをたまたま発見して購入。

良かった良かった!




オフィスに戻ると、

何人かの社員がニヤニヤ笑いながら

私をジロジロ見てきます。

その中の1人が

「萩さん、パンツにペンを落としたって

 本当ですか~?」 と

楽しそうに聞いてきます。





「え? なんでみんな知ってるの?」

「だって・・・・・」







あ、また言いふらしたな。
















正直・・・・・、

この10年程の間に

「正直、●●で・・・」という

言い方をする人が増えた気がします。




たとえば、

「正直、あのラーメンはまずかった」とか

「あの(チャンスの)場面で

 打順が巡ってきて、

 正直、体が震えました」とか。



本来なら

「正直に言うと、あのラーメンは

 まずかった」、であり、

「正直なところ、体が震えた」が

正しいのではないかと思います。

「正直」は名詞であり、副詞ではないので。



























「よく耳にするようになったなあ」と

思うようになったのは、

サッカー選手・本田圭佑さんの

インタビューを何度か聞いた時と

じゅんいちダビッドソンさんの

ネタを見た時です。

あ、同じことですね。



それ以来、特に若い世代を中心に

この言い方が急速に広まり、

市民権を得るに至ったような気がします。



先日、昭和30年代の東京と北海道が舞台の

ある連続テレビドラマを見ていたら

セリフの中にこの言い方が出てきてビックリ。

「昭和30年代にその言い方は

 しとらんじゃろ!」と

すかさず画面にツッコミましたが、

私が知らないだけで

そういった用法は昔からあったのでしょうか?

いつ頃から使われるようになったのでしょうか?



























「昔から使われていましたよ」という方、

使用例などがありましたら

ぜひ教えて下さい!



正直、スッキリしません。




タマネギからのメッセージ


家庭菜園のタマネギを収穫しました。

27個。





去年の秋に株を植えて以降、

今シーズンは手抜きをしてしまったため

にぎり拳大まで生長したのはほんのわずか。

大半はテニスボール大にとどまりました。








なんの品種かは忘れましたが

扁平な形(横長)ではなくほぼ球体です。




最近、どんどん前に突き出してくる

私のお腹の形状にそっくりです。

じっと見ていると

「痩せろ」と言っているように

見えてくるから不思議です。



「鵜の目、鷹の目」、●●の目は・・・?


先日のとある週末、

岡山市役所前の交差点で信号待ちをしていたら

北西角のお店に行列ができているのを発見。

その数およそ40人!






アイスクリーム屋さんのようです。

私はことさらにアイスクリームが好きという

訳ではありませんが、

「それほど並ぶものなら・・・」と思い、

その数日後、たまたまそちら方面に

用事があったので、帰りがけに

アイスクリームを買ってみることにしました。



私が入店した時は行列はできておらず、

すぐに入店・購入できました。



人気のヒミツはおそらくトッピングが豊富なこと。

私はカラフルなチョコスプレーを選びました。

すると店員さんが「ストップ!と言って下さいね。

言われるまでまぶし続けます」と。



私は良識のある大人ですので

常識的なタイミングでストップしてもらいましたが

なかなかストップをかけず、

店員さんを困らせる客を生みそうなシステムです。






もう1つの人気のヒミツはおそらく

メインのバニラアイスの色がオレンジという斬新さ。

いわゆる「インスタ映え」スイーツですね。







お店の前の木陰で美味しく頂きましたが、

大きな交差点の目の前でもあり、

44歳目前のおじさんにおかれましては

少し恥ずかしかったです。



あと、お店の前で食べていると

ハトが数羽、また数羽と足元に近付いてきたり

頭の上を飛び交ったりします。

「アイスクリームちょうだい!」という

あからさまな意思表示であり、

片足でちょっと地面を鳴らして威嚇すると

まさに、豆鉄砲を食らったような表情を見せて

いったんは立ち去るのですが、

すぐにまた近寄ってくるのです。



その視線に耐えられなくてはなりません。












草抜きは裏切らな・・・


10連休! とはいきませんでしたが、

何日かお休みを頂いたので、

予定通り家庭菜園の手入れをしました。






私は草抜きが大好きです。



草抜きは裏切らないからです。



どんなに雑草が生い茂っていようとも

額に汗してスコスコ抜き続ければ、

必ずや新しい種や株を受け入れてくれる

クリアな地面に生まれ変わってくれるからです。



努力が報われ、成果に直結するわけです。



受験や日々の仕事、育児だとそうはいきませんよ。

どれだけ勉強しても不合格になることだって

ありますし、

一生懸命取り組んだ業務が、会社や上司から

まったく評価されないことなんて日常茶飯事。

惜しみなく愛情を注いで育てた我が子に

「お父さんの後はトイレが臭い」などと言われ

落ち込むのです。


その他、人間関係のあれこれなど、

世の中の多くの努力は裏切られることの方が

多いのではないかとすら思えてきます。

あゝ無情。




ほぼ半日を費やした草抜きを終え、

きれいな真っ茶色になった地面を眺めながら

「もはや信じられるのは草抜きだけ。
 
 草抜きは裏切らない!」と確信していたら、


1週間前に草を抜いたばかりのエリアから

新たな草の芽が無数に顔を出していることに

気が付きました。



ゾンビに見えました。



裏切られた・・・。










今が旬の楽しみ


我が菜園のスナップエンドウが豊作です。


私はそれほど好きではなかったのですが
「子供の弁当に彩りを」と妻が主張し、
大量に植えた株に次々と実が付いたのです。


スーパーで販売されている価格から察するに
5千円分はありそうです。 


いやらしいですが。





サッとゆでて七味を振ったマヨネーズに
付けて食べるのがオススメです。

これまであまり美味しいと思ったことが
ない食材だったのですが、これは美味い!
甘くて瑞々しくて、マメの風味が強くて、
シャキシャキポリポリした食感も心地よくて
もうやめられません。 止まりません。






旬の食材を味わえるのは贅沢です。
今年はもう終わりかけですが、
来春の楽しみが1つ増えました。


そして、「今ならではの楽しみ」が
もう一つありました!
それは通勤時に電車内に掲示されている
路線案内図。





様々な駅名の中から
「元号になり得る駅名を探す」というものです。
数分間とは言え、通勤時の満員電車内はヒマです。
スマホを見ようにも周囲の目が気になるし。
そんな時にふと路線図を見て思い付いたのが
この時間のつぶし方。


「岡山」、「北長瀬」、「庭瀬」など
元号になりにくい漢字を用いた駅名が
圧倒的多数を占める中、
「大元」や「久世」、「知和(因美線)」などは
いかにも元号に使われそうな、
意味ありげな漢字から成り立つ駅名です。



「平成」に代わっても遜色ない程
「元号っぽい」駅名があるのか・・・・・、
満員電車に揺られながら
路線図(姫路~広島)を見上げていると、


ありました!!!






赤穂線の 「天和(てんわ)」 と



呉線の 「天応(てんのう)」!


駅名になってる時点で
選ばれなかったとは思いますが。
いかにも元号っぽいでしょ!




って本当にヒマか!


「タコ飯」作ってみました!


倉敷市沖にアナゴの夜釣りに出掛け
竿を3本置いておいたら、
そのうちの1本にタコが掛かりました!





それほど大きくなく
手の平に収まる程のサイズ。
酒としょうゆで煮ようかと思いましたが
以前、倉敷市児島で食べた「タコ飯」が
美味しかったのでチャレンジすることに!


塩でしっかり揉み込んでヌメリを取り
ワタを指で掻き出した後、
少し塩を加えた熱湯でタコを茹でると
足がクルンと丸くなります。






良い色です。


コメと水、しょうゆ、酒、ダシを
目分量で入れてかき混ぜ、
一口サイズに切ったタコを投入。





これで炊き込みます。





完成したタコ飯はタコのエキスが染み出して
ご飯に溶け込み、しょうゆやダシの風味とも
混ざり合い、とても香ばしく良い香り!


ただ惜しむらくは
初めての挑戦だったので、酒としょうゆ、
ダシの量にビビッてしまい、
結果的に味が薄くなり過ぎたこと。。。

タコの大きさに対してコメの量が多く、
見た目の寂しさは否定できません。



次回、タコが掛かったら
もっと美味いタコ飯が作れると思います。


何事も経験とチャレンジ!


猪肉を食べて、猪突猛進の年に!


あけましておめでとうございます!
本年も何卒よろしくお願い致します♪


さて、今年はイノシシ年。
ヘルシーで精が付くイノシシ肉は私の大好物です。
あの甘みとコクのある脂と歯ごたえ、
口に広がる野生の風味がたまりません。 
焼いて良し、鍋にして良し。
何にでも突進するイノシシのパワーを
体内に取り込めるような気になるのです。


そんな私の「イノシシ愛」について
あちらこちらで話していたところ、
『なんしょん?川柳』でお世話になっている
岡山県川柳協会副会長の北川先生が、
知人が仕留めたという100キロ超えの大物イノシシの肉を
お裾分けして下さいました!






スライスしたものを頂いたことはありますが、
塊のまま頂くのは初めてです。

数ミリ幅に切り、臭みを取るために酒やしょうゆ、
みりんに漬け込みます・・・。






本来は1日かけて漬け込んだ方が良いのでしょうが、
早く食べたかったので、これをグリルで焼きます。

すると・・・、









う~ん、香ばしくて、噛み応えがあって、
「肉を食べてる!」という満足感に浸れます。
パワーも付きました!!!


やっぱり美味しいなぁ、イノシシ肉。
今年も春までにたくさん食べたいです。



北川先生にお礼をしたら、
「萩原君、そんなにパワーを付けたいんじゃったら
 これをやるわ!」













生きたマムシ。


「アルコール度数の高い酒に漬け込んで飲め。精が付くぞ♪」

「い、いや、先生、さすがにそれは・・・」



北川先生の中で私は、「すごく精を付けたい人」という
認識なのでしょうか。






巳年に頂くことにしました。




2018年も・・・・・


残すところ、数時間となりましたね。


今年の私事の中で非常に思い出深い出来事の一つが、
「フカセ釣り」という釣り方で、初めてチヌ(黒鯛)を釣ったことです。


11月上旬のことでした。
私の釣りの師匠である池田さんとお仲間の皆さんに加えてもらい、
玉野市沖の無人島へ。

フカセ釣りでマダイやチヌを狙うのはこれが3度目ですが、
獲物を寄せるためのエサの撒き方や、ウキから針までの長さの調整、
竿を投げるポイントなどなどなど、奥が深すぎて深すぎて
素人には極めて高いハードルでした・・・。


しかしながら、池田さんはじめベテランのお仲間の皆さんの、
歴戦の経験に基づいたわかりやすい指導の賜物で、
釣り始めてから何時間かはかかりましたが・・・・・、










初めて40センチ弱のチヌを釣り上げることが出来ました!


ブルブルブルッ!と、竿先から両手に電流が走った瞬間から
獲物を手にするまでの一挙手一投足の細かい動きが
隣で見守ってくれていた池田さんの細かい指示によるものです。
ありがたいことです。私1人ではどうにもなりませんでした。
このチヌはもはや、池田さんが釣ったと言っても過言ではないでしょう。



来年はもう少し釣り方を研究して、ぜひ自力で大物を釣ってみたいものです。
あと、上手に刺身にするノウハウも身に付けたいものです。






皆さん、今年1年お世話になりました。
OHKの番組をご覧頂きありがとうございました。
2019年もよろしくお願い致します!


美咲町「カッシーファーム」の巨大ナス♪

こんな巨大なナス、

見たことありますか!?

私の顔より大きくて

ズッシリ重い!

 

 

輪切りにして焼いて

めんつゆとかつおぶしをかけて

頂きました。

口をいっぱいに開けてガブリっ!

食べ応えがあります。

甘くて実も皮も柔らかく

ナスの風味もしっかり。

美味し~く頂きました!

 

 

以前、夕方のニュースでもご紹介した

岡山県美咲町のカッシーファームさんに

頂いたものです。ありがとうございます!

「みさきなす」の名で販売されています。

インパクトが「半端ない」から

贈答にも喜ばれそう!

 

自然の中での露地栽培に

とことんこだわっておられ、

「超肉厚」シイタケなど、

巨大ナスの他にも興味深い野菜を

作っておられます。

食べてみたいなぁぁぁ、

こだわりのシイタケも・・・・・。