伊武雅刀さん

伊能忠敬の測量に協力した約1万2000人の子孫探し④

 

 黒田さんいわく、表町界隈には

かつての長船町福岡地区(現在の

瀬戸内市)から移住してきた人が多く、

故地の名を屋号とし「福岡屋」を

名乗る家が多かったとのこと。

 

 ちなみに歴史ファンの方なら

よくご存知でしょうが、

備前国福岡は豊臣秀吉の軍師、

黒田官兵衛の父祖伝来の地であり、

江戸時代に黒田藩が領地とした

「福岡県」の由来となった場所です。

呉服屋の黒田さんも

「我家も官兵衛一族の末裔です」と

おっしゃっていました。

 

 

屋号・・・・・、

 

屋号なんだよなぁ。

 

 伊能忠敬の測量日記に出てくる協力者は

「名前だけが記されている人」と

「屋号+名前の人」、そして、

「苗字+名前の人」が登場します。

苗字帯刀が許された身分の家でしょう。

苗字が分かれば子孫を探しやすいのですが、

屋号だと、現在では土地の古老でも

知らないケースが多そうです・・・・・。

 

 

 測量日記に出てくる地名や人名、屋号を

インターネットでいろいろ調べていたら、

詳細は明かせませんが

すごいサイトを発見しました!

おそらく岡山県内在住の歴史愛好家で

県内の主な名家(庄屋級)の墓を調査し、

家系図を作られている方のサイトです。

どのように調べられたのか、

それぞれの家の歴史まで

わりと細かく記述されています!

家によっては屋号まで・・・!

 

 このサイトとの出会いが

子孫探しの大きな助けとなりました。

 

 

続く。

 

 

追記:

「黒田官兵衛」を演じた俳優・・・と言えば、

最近ではV6の岡田准一さんですが、

同じドラマシリーズで竹中直人さんが主演した

『秀吉』では、伊武雅刀さんが

官兵衛役だったことを思い出しました♪

というわけで、今回のカテゴリーは

「伊能忠敬」と、

2回目の「伊武雅刀さん」。

 

 

<伊能忠敬の電子百科事典

 『イノペディア』のサイトはこちら>

 

http://www.inopedia.tokyo/

 

 

 

 

伊武雅刀さんの名曲『子供達を責めないで』が好きです。

 

低音ボイスと渋い演技が光る名優、伊武雅刀さんが今から31年前、

昭和58年に歌った『子供達を責めないで』という曲が好きです。

歌というよりはむしろ演説で、

「私は子供が嫌いです・・・」に始まり、子供が嫌いな理由について

延々と熱弁をふるうのですが、テンションの上がり方が絶品なんです。

一番最後のフレーズ、「私は、子供が、嫌いだあああああっっっ!!!」と

絶叫するくだりなぞは血管が切れるのではないかと心配になるくらい。

高校生の時、初めて深夜ラジオで聴いて衝撃を受けたのですが

久しぶりにこの歌のことを思い出し、Youtubeで探してみたら

何と懐かしの『夜のヒットスタジオ』の動画があり

伊武さんが熱唱?熱弁をふるっている姿を確認することができました。

おおおっ!  良いねえ、動画。  伊武さんの目が最高。

カメラワークも。 井上順さんのリアクションも。

この芸風、今なら劇団ひとりさんかな?

 

 

まだ30代半ばの若かりし伊武さんの貴重な映像に感激し、

繰り返し視聴した後、傍らにいた妻に鑑賞を強要してみたものの、

著しく共感を得られませんでした。

おもしろいのにぃ。

「ああ、これ完全に覚えてカラオケで歌いたいなぁ・・・・」と呟いたら

「絶対にやめた方が良い」とアドバイスを受けました。

 

 

もう一つ感動したのは、この曲は洋楽が原曲なのですが、

何と訳詩を担当したのが、あの秋元康さんだったこと。

 

 

長っ!